ツール・ド・スイス2019 第9ステージカーシーが驚異の100km独走でクイーンステージを制す ベルナルが初の総合優勝

by あきさねゆう / Yuu AKISANE
  • 一覧

 ツール・ド・スイスは6月23日、最終の第9ステージが開催され、ヒュー・カーシー(イギリス、EFエデュケーションファースト)がレーススタート直後からほぼ独走で逃げ切り、ワールドツアー初勝利となるステージ優勝を飾った。総合首位のエガン・ベルナル(コロンビア、チーム イネオス)は安定感のある走りでステージ3位に入り、総合優勝を決めた。

総合上位の3人、22歳のベルナル(中央)がツール・ド・スイスを初制覇 Photo: STIEHL / SUNADA

序盤から積極的に動いたカーシー

 第9ステージは、ウルリヘンをスタートし、3つの超級山岳を通過してウルリヘンに戻ってくる101.5kmのコースで争われた。短いレース距離ながら、獲得標高は3000mを超える今大会のクイーンステージだ。

 第7ステージのフィニッシュ地点で登場した石畳区間を含むゴッタルド峠も再登場。総合首位のベルナルと、22秒差につけるローハン・デニス(オーストラリア、バーレーン・メリダ)の争いに注目が集まっていた。

ポイント賞を獲得したサガン Photo: STIEHL / SUNADA

 スタート直後の上り始めから、集団は活性化。10数人の選手が、リーダージャージを擁するメイン集団から先行する展開となった。その中から、カーシーが単独で抜け出すことに成功。ここに2分53秒遅れで総合7位のシモン・スピラク(スロベニア、カチューシャ・アルペシン)、3分36秒遅れで総合12位のレナード・ケムナ(ドイツ、チームサンウェブ)、3分44秒遅れで総合13位のファビオ・アル(イタリア、アスタナプロチーム)らが合流。しかし、この先頭集団の協調体制がいまいちと見るやいなや、カーシーは再びアタックを仕掛けて独走に持ち込んだ。

 メイン集団をけん引するチーム イネオスは、総合成績で20分以上遅れているカーシーの動きは容認。スピラクら、追走集団とのタイム差が大きく開かないようにコントロールしている様子だった。

 この日1つ目の超級山岳の山頂は、カーシーが先頭通過。1分後方ではアル、スピラク、ケムナ、マティアス・フランク(スイス、アージェードゥーゼール ラモンディアール)、マルク・ソレル(スペイン、モビスターチーム)の5人が追走集団を形成。さらに1分後方にベルナルやデニスら総合上位陣が控えるメイン集団という状況で、レースは進行した。

超級山岳を3連続で越える難コースに集団は大きく分裂 Photo: STIEHL / SUNADA

メイン集団では総合争いが激化

 2つ目の超級山岳ゴッタルド峠に入っても、先頭のカーシーのペースは変わらないどころか、後続集団を引き離す走りを見せていた。追走集団からは序盤から積極的に動いていたアルが脱落して4人に。

 一方、メイン集団のイネオスは淡々とコントロール。スピラクら追走集団とのタイム差が2分程度まで広がると、イネオスに代わってアスタナがペースアップを開始。メイン集団をふるいにかける動きにより、集団は20数人程度まで人数を減らした。総合上位陣は健在だった。

 ハイペースを保つカーシーがゴッタルド峠も単独で山頂を先頭通過。1分30秒差で追走集団、メイン集団とは4分差をつけていた。

 カーシーは独走のまま、3つ目の超級山岳・フルカ峠に到達。追走集団とは変わらず1分30秒程度の差を保っている一方で、本格的に逃げの吸収に向けてペースの上がるメイン集団は2分30秒程度後方まで迫っていた。

カーシーは山岳ポイントを荒稼ぎし、総合山岳賞にも輝いた Photo: STIEHL / SUNADA

 上りに入ると、追走集団の協調体制が乱れ始める。迫りくるメイン集団への吸収を嫌って、スピラクがペースアップを図ると、フランクのみが追従し、ケムナとソレルは脱落した。

 メイン集団からは1分55秒遅れで総合5位のヤン・ヒルト(チェコ、アスタナプロチーム)がアタック。続いてドリス・デヴェナインス(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)のペースアップから、2分43秒遅れで総合6位のエンリク・マス(スペイン、ドゥクーニンク・クイックステップ)がアタック。ヒルトとマスは合流し、メイン集団を突き放しにかかった。

 一連の攻防により、ベルナルの周りからアシストの姿が消え、単騎となった。メイン集団もいつの間にか8人程度まで絞り込まれており、今度はドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、バーレーン・メリダ)がデニスのためにペースを作っていた。

 ポッツォヴィーヴォのけん引は強力で、飛び出していたヒルトとマスを吸収。さらに逃げていたスピラクとフランクも吸収し、逃げメンバーはいよいよカーシーただ一人のみ。それでも依然として2分以上のリードを保ち、カーシーは山頂に到達。この日の山岳ポイントをすべてトップ通過を果たし、山岳賞ジャージも確定させた。

 峠を越えると、長いダウンヒルを経て、数kmの平坦路を走ってフィニッシュするため、総合勢にとってはタイム差をつける最後の勝負どころだ。山頂まで残りわずかとなったところで、いよいよ総合2位のデニスが動いた。

カーシーが歴史的な大逃げ勝利

 デニスのアタックに対して、ベルナルが背後をピタリとマーク。総合3位のパトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)ら他の総合上位陣は動けず、デニスとベルナルが抜け出したまま山頂に到達。

 ところどころ雪解け水がコーナーの路面を濡らし、長い直線を含むハイスピードなダウンヒルを下ってもなお、先頭のカーシーはベルナルとデニスに対して2分のリード。コンラッドら追走集団はベルナルらの1分後方まで差をつけられていた。

 平坦区間に差し掛かると、ベルナルとデニスは協調開始。互いにローテーションして、後続との差を開きつつ、カーシーとの差を詰めにかかった。

ほぼ全区間を独走で逃げ切ったカーシーがステージ優勝 Photo: STIEHL / SUNADA

 しかし、カーシーの走りは最後まで衰えることはなかった。最終的に2位以下に1分2秒もの差をつけて逃げ切り勝利を飾った。スタート直後から終始先頭でレースを展開し、100kmをほぼ独走で逃げ切るという近年稀に見る大逃げだった。Velon社のデータによると、カーシーは第9ステージを平均時速33.5km、平均出力320Wを記録していた。ダウンヒルで脚を止めていた時間を除くと、平均360Wで踏み続けていたようだ。

 2014年のツアー・オブ・ジャパンでは新人賞を獲得して、「フルーム二世」と呼ばれるなど将来を嘱望されていたイギリス人ライダーの才能が大きく開花した一日となった。

ステージ2位と3位でゴールしたデニスとベルナル Photo: STIEHL / SUNADA

 また、デニスとベルナルは同タイムでフィニッシュ。この結果、ベルナルは総合優勝を決めた。22歳ながら、ワールドツアーのステージレース総合優勝は自身3回目のこと。大黒柱のゲラント・トーマス(イギリス)を落車負傷で欠く状況にもかかわらず、圧倒的な登坂力を見せ、ツール・ド・フランス前哨戦で見事な勝利を飾った。

第9ステージ結果
1 ヒュー・カーシー(イギリス、EFエデュケーションファースト) 3時間1分49秒
2 ローハン・デニス(オーストラリア、バーレーン・メリダ) +1分2秒
3 エガン・ベルナル(コロンビア、チーム イネオス)
4 マティアス・フランク(スイス、アージェードゥーゼール ラモンディアール) +1分52秒
5 シモン・スピラク(スロベニア、カチューシャ・アルペシン)
6 カルロス・ベタンクール(コロンビア、モビスター チーム) +2分15秒
7 ティシュ・ベノート (ベルギー、ロット・スーダル)
8 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、バーレーン・メリダ)
9 パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)
10 ヤン・ヒルト(チェコ、アスタナ プロチーム)

個人総合時間賞
1 エガン・ベルナル(コロンビア、チーム イネオス) 27時間43分10秒
2 ローハン・デニス(オーストラリア、バーレーン・メリダ) +19秒
3 パトリック・コンラッド(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ) +3分4秒
4 ティシュ・ベノート (ベルギー、ロット・スーダル) +3分12秒
5 ヤン・ヒルト(チェコ、アスタナ プロチーム) +3分13秒
6 シモン・スピラク(スロベニア、カチューシャ・アルペシン) +3分48秒
7 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、バーレーン・メリダ) +4分14秒
8 カルロス・ベタンクール(コロンビア、モビスター チーム) +4分35秒
9 エンリク・マス(スペイン、ドゥクーニンク・クイックステップ) +4分53秒
10 ニコラス・ロッシュ(アイルランド、チーム サンウェブ) +5分27秒

ポイント賞
1 ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) 37 pts
2 エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ) 32 pts
3 ローハン・デニス(オーストラリア、バーレーン・メリダ) 28 pts

山岳賞
1 ヒュー・カーシー(イギリス、EFエデュケーションファースト) 60 pts
2 エガン・ベルナル(コロンビア、チーム イネオス) 40 pts
3 ローハン・デニス(オーストラリア、バーレーン・メリダ) 33 pts

新人賞
1 エガン・ベルナル(コロンビア、チーム イネオス) 27時間43分10秒
2 ティシュ・ベノート (ベルギー、ロット・スーダル) +3分12秒
3 エンリク・マス(スペイン、ドゥクーニンク・クイックステップ) +4分53秒

チーム総合
1 モビスター チーム 83時間32分29秒
2 チーム イネオス +1分47秒
3 チーム サンウェブ +6分2秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー ツール・ド・スイス2019 ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載