【Teamユキヤ通信】ツアー・オブ・スロベニア 第2ステージレース復帰2日目の新城幸也は区間72位 「さらにレースモードにしていきたい」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 けがから復帰して3カ月ぶりのレースに臨んでいる新城幸也(バーレーン・メリダ)は6月20日、ツアー・オブ・スロベニア(UCIヨーロッパツアー2.HC)の第2ステージに出走し、先頭から13分38秒差の区間72位で完走した。

フィードゾーンで、しっかりと補給食を受け取る新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 第2ステージは、スタートして20km地点に3級山岳、終盤のラスト36kmから上り始める2級山岳を越えてのフィニッシュとなる、146.3kmのレース。新城のチームメートで、地元スロベニア出身のグレガ・ボーレがステージ2位に入る活躍を見せた。

最後の2級山岳でメイン集団に食らいつく新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 新城はレース後、「一日中ペースが速かったが、上手く走ることができて、最後の上り入口に向けて位置取りをして、完走を目指す集団の中ででゴールをした」と、この日の走りについてコメント。「今日は昨日より格段に調子は上向きになった。まだまだ調子が上がる感触を得ることができた」と復帰2日目の感触は上々だ。

 翌第3ステージは4つのカテゴリー山岳が設けられ、終盤の2級山岳は平均勾配9.3%の坂が5km続く。新城は「明日はこれまで以上にきついステージになりそう。しっかり追い込んで、身体をさらにレースモードにしていきたい」と抱負を語っている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載