新製品情報2019ネストが新型「トレイズ プラス」を発売 様々な地形を走れる万能MTB

  • 一覧

 ホダカのスポーツサイクルブランド「NESTO」(ネスト)が、BOOST(ブースト)規格を採用した27.5+のマウンテンバイク(MTB)「TRAIZE PLUS」(トレイズプラス)を発売した。日本人に適したフレーム設計と最新規格を採用し、拡張性を持たせることでさまざまな地形を走れ、より多くの人が自転車の楽しさを体験できるバイクだ。

「ネスト」から27.5+のMTB「トレイズプラス」が発売される ©NESTO

 「トレイズプラス」は同ブランドで、競技用スポーツサイクルの流れを受け継ぐ本格モデルとして位置づけられるトレイルライド向けMTB。より多くの人に自転車に乗る楽しさを体感してもらおうと開発された。

 クロスカントリー(XC)の現役エリートライダーが自身の経験を踏まえ、日本の地形でいかに快適に走れるかを追求してフレームを設計。ダウンヒル(DH)MTBよりもヘッドアングルとシートアングルを立たせ、クイックなハンドリングを実現した。登坂性能を意識して、XC要素も加えたジオメトリを採用している。

現役のライダーが設計を担当した「トレイズプラス」 ©NESTO

 また、ハブの幅と軸を広げることで横剛性がアップするブースト規格と120mmのトラベル量を持つサスペンションフォーク、マキシスの万能XCタイヤ「IKON+」(アイコンプラス)を備えることで安定した走行を可能にした。

 フレームにはケーブル内装式のドロッパーポストに対応する穴と、フロントディレーラー用台座を配置。最新規格や上質なパーツを採用し、バイクの拡張性を持たせている。

トレンドのBOOST 規格(148x12mm)を採用した  ©NESTO
ドロッパーポスト内装の穴やFD台座を設け、バイクの拡張性を考慮した ©NESTO

■TRAIZE PLUS
税抜価格:130,000円
サイズ(適応身長):14インチ(150~165cm)、16インチ(160~175cm)、18インチ(170~185cm)
カラー:サンドブラストアルマイトシルバー
重量:13.2kg(18インチ)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ネスト マウンテンバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載