安全性を高めた製品作りに活用ボルボがPOCと研究プロジェクトを立ち上げ サイクリスト用ヘルメットの衝突試験を考案

  • 一覧

 スウェーデンの自動車メーカー「ボルボ・カーズ」(ボルボ)と、同国のアウトドアブランド「POC」(ポック)が、サイクリストの保護を目的とした新しい研究プロジェクトを立ち上げ、サイクリスト用ヘルメットの衝突試験を考案した。試験の結果を生かし、両メーカーは製品開発に役立てるという。

ボルボとポックが考案した衝突試験 ©Volvo Cars

 この提携はボルボが他社と提携し、知識を共有することで、全ての人々の交通安全をより良くしたいという思いに端を発するもの。プロジェクトはスウェーデン・イェーテボリにあるボルボの安全研究施設で設計された衝突試験で構成される。

ヘルメットを様々な角度・速度からボンネットに衝突させる ©Volvo Cars

 テスト方法は規定の試験手順に沿って行われる。試験用フレームに取り付けたダミーの頭部にポックのサイクリスト用ヘルメットをかぶせて、静止した自動車のボンネットに向け、様々な角度・速度で衝突させ結果を記録する。これは歩行者の頭部保護に関するテスト方法と同じで、これによりヘルメットをかぶっている場合とかぶっていない場合について、直接比較が可能となる。

 現在のサイクリスト用ヘルメットの試験手順は、水平面または斜面の異なる高さからヘルメットを落下させるのが一般的で、車との衝突事故については考慮していない。そのためボルボとポックのプロジェクトは、これらの試験を進歩・改良させることを目指している。

 また、ボルボはこの結果を生かして将来の自動車開発に役立てるほか、ポックは既存モデルを改良し、より安全で保護性の高いヘルメットを手掛けていくとしている。

 研究プロジェクトの立上げに際し、ボルボ・カー・セーフティ・センターのマリン・エークホルム所長は、「ポックと共同で行うこのプロジェクトは、安全性に関するボルボのパイオニア精神の好例です。ボルボは、複雑な交通状況のための新しい試験方法をいくつも考案しています。私たちは、単に法的要件を満たしたり、評価試験をクリアしたりすることだけを目指しているのではなく、より安全性を高める技術を開発するため、実際の交通状況を想定しているのです」とコメントしている。

データは自動車、ヘルメットの製品改良に生かされる ©Volvo Cars

 また、ポックの製品開発責任者を務めるオスカー・ハス氏は、「ボルボ・カーズと同じく、安全はポックのミッションの中心であり、私たちのあらゆるアイデアや革新性を推進する原動力です。ポックのラボで科学分野のリーダーたちと密接に協力し合うことにより、私たちは安全性に関する新しいアイデアをいち早く導入できるよう励んでいます。認定基準は大事ですが、事故の影響を減らすためのより優れた、より革新的な方法を見つけるためには、基準に縛られることなくそれ以上のことを検討することがPOCの考えです」と述べた。

関連記事

この記事のタグ

ポック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載