新製品情報2019ボントレガーが漁網を再利用したボトルケージを発売 定番「バットケージ」がリニューアル

  • 一覧

 トレックのサイクルアクセサリーブランド「Bontrager」(ボントレガー)から、ロングセラーのボトルケージ「Bat Cage」(バットケージ)がリニューアルして発売された。新モデルでは漁網からリサイクルされたペレットから製造。海に浮かぶゴミの削減に貢献する。

ボントレガーの定番「Bat Cage」(バットケージ)がリサイクル素材にリニューアル © TREK

 バットケージはボントレガーの中で最も販売時期の長い製品の1つ。トレックは過去22年間で数十万個ものバットケージを製造してきたという。シンプルで軽く、オンロードでもオフロードでもボトルを確実に固定。丈夫で保持力が高いことから、プロ選手にも長年愛されてきたバットケージに、今回から新たな特長が加わった。

軽量でシンプル、オンロードでもオフロードでも確実な保持力を発揮する © TREK

 シンプルで高い信頼性に加えて、チリの海で収集された漁網を利用したリサイクル素材を採用。漁網は海に漂うプラスチックごみの約10%を占め、環境への悪影響は他のプラスチック汚染より4倍高いという。リサイクル素材を使ったバットケージの1年の生産量は、投棄された漁網の約4000平方メートル分に相当する。

 トレックは環境団体NextWaveとの提携を通じて、投棄された漁網に新たな使い道を求めるBureo社を知った。Bureo社は、投棄された漁網を集めて細かいペレットにリサイクルし、射出成型プラスチック製品の材料に役立たせている。現在、8600万トン以上ものプラスチックが海に存在し、その量は毎年800万トンずつ増えているという。トレックは世界中で愛されるベストセラー製品の素材を見直すことで、地球環境の保全に貢献する。

毎年、180億ポンドものプラスチックが海に流れ込み、世界各地の砂浜や運河を汚している © TREK
チリ沿岸で捨てられた漁網を収集してリサイクルし、未精製のナイロンを取り出したペレットを使用 © TREK

■Bontrager Bat Cage Water Bottle Cage
税抜価格:1,389円
素材:ナイロン
重量:48g

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルボトル/ボトルケージ トレック ボントレガー 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載