解像度は49%アップガーミンから「エッジ530」と「エッジ830」が登場 動作速度が向上し、スマホとの連携も強化

  • 一覧

 ガーミンジャパンが新型サイクルコンピューター「エッジ530」と「エッジ830」を発表した。ディスプレイはより大型化し、新型のCPUを搭載で動作速度が向上するなどユーザビリティが向上。発売は7月12日を予定している。

ガーミンの新型サイクルコンピューター「エッジ530」(左)と、「エッジ830」 ©Garmin

ナビゲーション機能も強化

 エッジ530は「エッジ520J」の、エッジ830は「エッジ820J」の後継機として登場。前世代と同じく、エッジ530は側面のボタンで、エッジ830はタッチパネルで操作する。従来2.3インチだったディスプレイは、どちらも2.6インチのディスプレイが採用され、視認性が向上。解像度は49%アップした。最大稼働時間は20時間だが、別売りの拡張バッテリーパックで最大40時間の使用が可能となった。

 新たな機能として、ヒルクライムライド中に頂上までの距離と残り距離に対する平均勾配平均勾配をリアルタイムで表示する「ClimbPro」を搭載している。また、スマートフォンとの連携も強化。駐輪中、バイクに動きがあった場合に盗難防止アラームがスマートフォンに通知されるバイクアラーム機能のほか、事故検出して緊急連絡先に位置情報を送信する機能を搭載。デバイスを落とした際、位置情報を確認できる「FIND MY EDGE」も組み込まれている。

 ナビゲーション機能も強化された。地図は昭文社の最新地図「CityNavigator」を搭載し、収録路線は総延長1万3856kmとなったことでより細やかなルーティングが可能になった。

※追記
両モデルの発売日は7月12日。価格はエッジ530の本体が税抜3万7800円、セットが税抜4万7800円、エッジ830がセットのみのラインナップとなり5万7800円となった。

■ガーミン「エッジ530」
価格:37,800円(本体のみ)、47,800円(セット)
重量:75.8g
サイズ:50×82×20mm
ディスプレイ:2.6インチカラー
稼働時間:最大20時間
防水:IPX7
接続機能:ANT+、Bluetooth、Wi-Fi
衛星測位:GPS、GLONASS、GALILEO、みちびき(補完信号)
センサー:気圧高度計、環境光センサー、Gセンサー、心拍センサー、パワーセンサー、スピード/ケイデンスセンサ
その他機能:トレーニングプランとワークアウト、VO2 max/トレーニング効果/トレーニングステータス、MTBダイナミクス、Stravaライブセグメント(Advanced)、ClimbPro、コース、ナビゲーション機能、通知機能※1、天候アラート※1、LiveTrack※1、GroupTrack※1、ライダー間メッセージ※1、事故検出機能※1、ConnectIQ、Varia対応、Di2対応、ANT+インドアトレーナー対応
※1 Bluetooth対応スマートフォンとの接続が必要

■ガーミン「エッジ830」
価格:57,800円(セット)
重量:79.1g
サイズ:50×82×20mm
ディスプレイ:2.6インチカラー/タッチスクリーン
稼働時間:最大20時間
防水:IPX7
接続機能:ANT+(R)、Bluetooth、Wi-Fi
衛星測位:GPS、GLONASS、GALILEO、みちびき(補完信号)
センサー:気圧高度計、環境光センサー、Gセンサー、心拍センサー、パワーセンサー、スピード/ケイデンスセンサー
その他機能 :トレーニングプランとワークアウト、Vo2/トレーニング効果/トレーニングステータス、MTBダイナミクス、Stravaライブセグメント(Advanced)、ClimbPro、コース、ナビゲーション機能、デバイス上のPOI検索、デバイス上目的地検索、通知機能※1、天候アラート※1、LiveTrack※1、GroupTrack※1、ライダー間メッセージ※1、事故検出機能※1、ConnectIQ、Varia対応、Di2対応、ANT+インドアトレーナー対応
※1 Bluetooth対応スマートフォンとの接続が必要

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ガーミン サイクルコンピューター 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載