整備の重要性もアピール高校教員が自転車通学の指導法学ぶ 静岡で安全教育研修会

  • 一覧

 静岡県男女共同参画センターで5月31日、県内の高等学校教員124人を対象に「高等学校交通安全教育指導者研修会」が開催された。セミナーの講師には自転車ジャーナリストの遠藤まさ子さんを迎え、自転車通学指導について講演した。

自転車ジャーナリストの遠藤まさ子さんが講師を担当した Photo: Bicycle Safety Committee

 同研修会は静岡県教育委員会・健康体育課が主催したもの。県内で発生した事故のうち、2017年度の通学事故件数が全国ワースト1位になった状況を踏まえ、教員の自転車通学指導の質向上を図るために実施された。

 研修会ではまず、同県警察本部交通企画課の警察官から県内の中高生による自転車事故の現状を解説。遠藤さんが自転車に乗る時のルールや全国の自転車通学事例を事細かに紹介し、交通ルール・マナーの順守はもちろんのこと、「生徒が自転車事故の危険性を知り、主体的に交通安全意識を高めることが重要です」と訴えた。

教職員の間で活発にディスカッションが行われた Photo: Bicycle Safety Committee

 また、自転車本体の安全性について「安全基準をクリアしたBAAマーク取得の自転車を選ぶことや、日ごろのメンテナンスの重要性を指導していくことで、事故を未然に防ぐことができます」と説明した。

 セミナーの後半には教員たちが自転車通学についてグループディスカッション形式で意見交換。各校の事例や指導の取り組みついて議論が行われた。参加した教員からは「今までは交通規則を守りなさいという指導しかしていなかったが、自転車の選び方も大事だということが理解できた」などの声が上がり、有意義な時間となった。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

自転車協会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載