【Teamユキヤ通信】新城幸也の復帰戦が6月19日からのツール・ド・スロベニアに決定 全日本選手権にも参戦へ

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 けがでレースを欠場している新城幸也(バーレーン・メリダ)の復帰戦が、6月19日からスロベニアで開催される5日間のステージレース「ツール・ド・スロベニア」(2.HC)となることが明らかになった。23日まで同レースを走った後は日本に帰国し、静岡・富士スピードウェイで27日に開催される全日本選手権個人タイムトライアル、30日の全日本選手権ロードレースにも出場する。

5月15日より自転車に乗り始めた新城幸也。復帰レースが決定した Photo: Miwa IIJIMA

 新城は3月13日にタイの自主合宿中の落車により、左肘の粉砕骨折、骨盤骨折の大けがを負い、シーズン中ながら治療とリハビリに専念する日々を送っていた。5月15日に2カ月ぶりに屋外での実走トレーニングを再開。現在は復帰を目指してタイでトレーニングを重ねている。

 復帰戦決定について、新城は次のようにコメントしている。

 「チームからレースに出られるかと言われ、コンディショニングが間に合えばツール・ド・スイスに出場という可能性もありましたが、復帰レースにしてはきつすぎるという判断で、同じ週の週末に開催されるスロベニアへの出場が決まりました。そして、2013年以来の全日本選手権は、やはり来年の東京オリンピックのためにとても大事ですし、チームからも出場の許可が出たので、走ることを決めました」

 「正直、今の状態では、マイナスの状態からどこまで戻っているか?という状態で、どこまで戦えるかはわかりませんが、まずは自分を信じてレースを組んでくれたチームのオーダーに応えられるように、急ピッチで乗り込み中です。とにかく今は練習できることもうれしいですし、レースを走るのが楽しみです」

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載