SNSを通じてメッセージもキャニオンが6月3日の「世界自転車デー」に賛同 一日限定の送料無料キャンペーンなど実施

  • 一覧

 スポーツバイクブランドの「Canyon」(キャニオン)が、国際連合が採択した6月3日の「世界自転車デー」(World Bicycle Day)に賛同し、祝福するキャンペーンを実施する。6月3日の期間限定で配送料(通常1万9200円)が無料となるほか、キャニオンの象徴であるキャニオンプロアスリートやアンバサダーたちが、SNSを通じて #WorldBicycleDay のハッシュタグで、自転車のある日々の生活とその素晴らしさをシェアする。

自転車に乗ろう! キャニオンは国連の #世界自転車デー #WorldBicycleDay に賛同し、推進する Photo: Canyon Bicycles

自転車の素晴らしさを発信

 2018年、国連は毎年6月3日を世界自転車デーとすることを採択した。採択にあたり国連は、自転車は発明から2世紀もの間使用され、シンプルで、手ごろで多用途に活躍し、信頼性が高く、他の乗り物よりも地球環境に優しく、持続可能な交通手段の象徴であることを特筆している。さらに単に移動手段としてだけでなく、人々の健康を育み、スポーツや教育に資するものだとも宣言している。

 ヨーロッパでは現在、自転車ツーリズムに関連する雇用者数は50万人を超え、その市場規模は440万ユーロ(約5兆3千億円)を超えると言われている。また自転車利用の健康面を見ると、自転車通勤利用者の死亡率はそれ以外と比較して28%低下するという研究もあり、さらに自家用車はもちろん、公共交通機関と比較しても莫大な量のCO2排出量を削減することができる利点がある。EU全体では、自転車は1600万トンの二酸化炭素を削減しており、これはクロアチア一国分の排出量に相当する。

 さらに自転車は、公共交通機関が整備されていない新興国においては、教育や就業へのアクセスを実現する重要な交通手段にもなっている。自転車業界においてはすでに、ワールドバイシクルリリーフ(https://worldbicyclerelief.org)のようなイニシアチブも新興国の発展に寄与している。

 キャニオンは自転車という、未来ある乗り物を供給していることに誇りを持っている。特に「スポーツバイクの民主化」、つまり高性能な自転車を適正価格で供給することが、キャニオン創業者CEOのローマン・アーノルドが1990年代にキャニオンを創業した際の目標だった。彼自身が熱心な競技者であったために、キャニオンは常にサイクルスポーツがもたらす自由な感覚、爽快感、スピード、自己実現をもっと広めたいと願ってきたという。2019年現在、キャニオンは約1000人の社員を抱え、その情熱を世界中に向けて発信。キャニオンは100以上の国と地域へ直接販売を行なっており、17カ国にサービスセンターを開設している。

 6月3日の世界自転車デーを、キャニオンは世界中のサイクリストと共に祝福する。キャニオンのスローガン「Inspire riders to ride.」は、サイクリストや一般市民に対し、自転車に乗ろう!と動機づけるような製品づくりの姿勢を誓うものだ。

#WorldBicycleDay #世界自転車デー #MyCanyon(Twitter)

#WorldBicycleDay #世界自転車デー #MyCanyon(Instagram)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

キャニオン キャンペーン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載