新製品情報2019ブリヂストンアンカーのチームエディションが登場 プロスペックモデルを数量限定販売

  • 一覧

 ブリヂストンサイクルのスポーツバイクブランド「ANCHOR」(アンカー)から、自転車プロチーム「TEAM BRIDGESTONE Cycling」(チーム ブリヂストンサイクリング)の選手たちが実際に使用する「Team Edition」(チームエディション)が数量限定で発売される。ロードバイク、TTバイク、マウンテンバイク(MTB)の3モデルがラインナップ。それそれ抽選で当選した人が購入権を得る。

「RS9」をブラッシュアップした「RS9s」 ©BRIDGESTONE CYCLE

 チームエディションは日の丸をモチーフにしたデザインを採用し、日本のチームとして世界に挑戦する精神を鮮やかな赤のラインで表現。チェーンステーには「TEAM BRIDGESTONE」のロゴを配したモデルだ。どのバイクもチームブリヂストンサイクリングの選手たちが乗る自転車と同じスペック。限定モデルは「RS9s」が30台、「RT9」と「XR9」が各3台ずつ販売される。

 ロードバイクの「RS9s」はアンカー独自のフレーム開発技術「PROFORMAT」(プロフォーマット、推進力最大化解析技術)と、超高弾性率のカーボン素材を用いてブリヂストン中央研究所と共同開発された製品。選手の感覚とフレームの動きを数値化したデータを取り入れることで、車体バランスを最適化。従来のモデルから40gの軽量化を果たしている。

チームエディションの「RT9」は全日本TTでデビューを飾る ©BRIDGESTONE CYCLE<br />
「XR9」も全日本選手権でデビュー ©BRIDGESTONE CYCLE

 「RT9」はタイムトライアル専用バイク。高速での安定した走りを手に入れるためフレーム各部の剛性を強化し、低重心化を図っている。

 「XR9」はアンカーのクロスカントリー(XC)モデルのフラッグシップだ。3ピース構造ハイモジュラス(HM)カーボンを採用することで軽量化に貢献。バイク中心部に重心が来るように設計され、上り下りでもオールラウンドに性能を発揮する。

「RS9s」はTOJで初披露された Photo: Shusaku MATSUO

 「RS9s」は5月19日から26日まで開催されていた「NTN presents第22回ツアー・オブ・ジャパン」からすでに選手が使用しているが、「RT9」は6月27日から30日まで開催される「全日本自転車競技選手権ロード競技大会」、「XR9」は7月20日と21日に行われる「第32回全日本マウンテンバイク選手権大会」でデビューする。

 同製品は数量限定のため、販売は申し込みよる抽選。6月9日まで専用フォームで受け付けている。

■RS9s フレームセット
税抜価格:370,000円
サイズ/販売台数:460mm(10台)、490mm(13台)、520mm(5台)、550mm(2台)
セット重量:1,310g(490mm)
※一般販売される自転車のヘッドマークデザインは「B マーク」

■RT9 フレームセット
税抜価格:410,000円
サイズ/販売台数:S(2台)、M(1台)
セット重量:1,830g(M/ステム、シートポストを除く)
※一般販売される自転車のヘッドマークデザインは「B マーク」

■XR9 フレームセット
税抜価格:230,000円
サイズ/販売台数:420mm(1台)、480mm(2台)
セット重量:1,170g(420mm)
※一般販売される自転車のヘッドマークデザインは「B マーク」

「チームエディション」販売概要

・販売方法:抽選販売
・申込期間:~2019年6月9日(日)午後11時59分
・購入方法:
①申し込み:WEB上の専用ページより必要事項を記入し、購入抽選に申し込み
②抽選:当選者へ6月中旬に当選メールを送付
③注文:当選者希望の ANCHOR 販売店にて、オーダーシートを記入
④納車:注文したアンカー販売店で納車
・納車時期:2019年7月より順次

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

アンカー(anchor)のロードバイク

30万円~50万円 TTバイク アンカー マウンテンバイク ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載