過去最多の総勢300人が参加超党派議連が皇居一周サイクリング「青空総会」でPR 自転車活用に取り組む自治体を後押し

by 後藤恭子 / Kyoko GOTO
  • 一覧

 超党派の国会議員から成る「自転車活用推進議員連盟」(議連会長・二階俊博自民党前幹事長)は5月27日、議連や関係省庁の自転車活用推進本部の関係者らを集めてサイクリングする「青空総会」を東京・千代田区の国会議事堂周辺で開催した。4回目の開催となる今回、「青空」を通り越す炎天下となったにもかかわらず、会場には過去最多の300人もの参加者が集まった。会場には自転車競技連盟会長の橋本聖子・参院議員らも駆けつけ、自治体が推し進める「自転車活用推進基本計画」に沿った街作りの整備・実施を後押しした。

青空総会に参加した「自転車活用推進議員連盟」の議員と関係者の皆さん。総勢300人もの参加者が集まった Photo: Kyoko GOTO

橋本議員「自転車を通じ、素晴らしい国づくりを」

 当日はトランプ大統領の来日で開催が危ぶまれたが、「自転車月間である5月中になんとか開催したかった」(穴見陽一衆院議員・事務局長)という思いで開催を実現。一昨年前の「自転車活用推進法」の成立と、それを具現化するための計画として昨年6月に閣議決定された「自転車活用推進計画」の勢いを受ける格好で、議員を始めとする関係者や地方自治体の関係者ら総勢300人が集まり、会場はこれまでにない盛り上がりを見せていた。

議連会長代理の井上義久衆院議員 Photo: Kyoko GOTO

 会長代理を務める井上義久衆院議員は議連が発足20年目となることに言及し、発起人の一人として「当時と比べると自転車を巡る環境、様変わりをしている」との見方を提示。「自転車イベントもあっという間に定員に達する状況であり、推進計画の閣議決定以降、着実にブルーラインも増えている。街を走るシェアサイクルも増加しており、自転車活用が着実に進んでいる」と強調した。

 全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)の理事長を務める片山右京氏は、「自転車は交通手段であるのと同時に、スポーツとして皆に勇気や力を与えてくれるもの。来年に迫った五輪と、そして五輪以降も自転車の新リーグが始まる。それに向けて皆さんに力をお借りし、自転車が正しく、より良い可能性をもったものであるということを伝えていきたい」とコメントした。

JBCF理事長の片山右京氏 Photo: Kyoko GOTO
日本自転車競技連盟会長を務める橋本聖子参院議員 Photo: Kyoko GOTO

 日本自転車競技連盟会長を務める橋本聖子参院議員も駆けつけ、「いよいよ東京オリンピック・パラリンピックの開催が1年後に迫ってきた。自転車を通じて、素晴らしい国づくりができるように、ぜひご指導をお願いしたい」と挨拶した。

「自転車を活用したまちづくりを推進する全国市町村長の会」の皆さんも出走。写真中央は愛媛県今治市・菅良二市長 Photo: Kyoko GOTO

 また、総会には昨年11月に発足した「自転車を活用したまちづくりを推進する全国市町村長の会」から、設立発起人代表の愛媛県今治市の菅良二市長を始めとする7人の市長と自治体関係者が来場。菅市長は「大勢の議員の皆さん、国交省の皆さんと協力して、自転車文化を日本中に根付かせたい」と意欲を語った。

最新e-BIKEの試走も

 集まった議員や関係者らは自身の愛車や最新のe-BIKEなど、さまざまなスタイルでサイクリングに参加した。真夏を思わせる快晴の国会議事堂をスタート。警視庁の自転車部隊「BEEMS」(ビームス)の先導のもと、皇居一周約5kmを走り、自転車が環境・健康・交通・経済に寄与することをPRした。

パナソニックのe-MTBを試乗した金子恭之衆院議員(写真右)。「自転車が進もうとするんだよ!」と乗り心地に満足の様子 Photo: Kyoko GOTO
ヤマハのe-MTB「YPJ-XC」で出走する参加者も Photo: Kyoko GOTO
渋谷に出店したオランダのe-BIKEブランド「ヴァンムーフ」も来場 Photo: Kyoko GOTO
前参院議員の小泉昭男氏は今年も私物のマホガニーバイクで参加 Photo: Kyoko GOTO

 出走メンバ-には片山氏の他に、東京都議会議員の白戸太朗氏や「自転車ツーキニスト」でおなじみの疋田智さん、サイクルライフナビゲーターの絹代さんら著名人の姿もあった。

白戸太朗・都議会議員の姿も Photo: Kyoko GOTO
片山右京氏も「チームUKYO」の出で立ちで出走 Photo: Kyoko GOTO
バーレーの自転車用ベビーカーを後ろにつけて走る「自転車ツーキニスト」の疋田智さん Photo: Kyoko GOTO
サイクルライフナビゲーターの絹代さんもママさんとして自転車用ベビーカースタイルで Photo: Kenta SAWANO

 さらに今回はサイクルウェアブランド「ラファ」の矢野大介代表をはじめとするスタッフらも参加し、急きょ警視庁の自転車部隊「BEEMS」とともに集団走行をサポートする場面もあった。

警視庁の自転車部隊「BEEMS」(ビームス)が先頭をけん引。すぐ後ろを走るのはアンバサダーの稲村亜美さん Photo: Kyoko GOTO
ラファのスタッフもライドリーダーとしてサポート Photo: Kyoko GOTO

各ブースがe-BIKEを積極展開

 出展ブースでは、各メーカーが昨年よりもe-BIKEを積極的に展開し、参加した議員への貸し出しも多かった。橋本聖子参議院議員はサイクリングには参加しなかったが、各ブースを丁寧に視察。e-BIKEの最新事情について質問したほか、「ライトウェイプロダクツジャパン」のブースではエアバッグ型ヘルメットに興味を示し、「何回くらい使えるんですか」などと質問していた。

ミヤタサイクルブースでは、メリダの「eBIG.SEVEN600や」ミヤタサイクルの「リッジランナー」などe-BIKEがラインナップ Photo: Kenta SAWANO
すでに BESV を知っていたという橋本聖子議員は、同社の澤山社長に質問 Photo: Kenta SAWANO
ライトウェイプロダクツジャパンブースでエアバッグ型ヘルメットについて質問する橋本聖子参議院議員Photo: Kenta SAWANO
自転車協会は「CYCLE AID JAPAN 2019 in 猪苗代 MTB RIDE 磐梯山」などの大会をPR Photo: Kenta SAWANO

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

自転車活用推進法

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載