文具のマックスが高齢者用自転車を発売 介護予防機器参入の第1弾

  • 一覧

 ホチキスやくぎ打ち機メーカーのマックスは、高齢者を対象にした介護予防機器市場に参入する。「HCR機器事業部」という専門部署を発足させ、第1弾として、4つの小さなタイヤによって安定性を向上させた自転車「クークルS」を7月2日に発売する。今後は「自立支援の観点から、車いすと自転車の間の事業領域に位置するような移動ツールを順次商品化していく計画」(川村八郎社長)だ。

マックスの高齢者向け自転車と川村八郎社長マックスの高齢者向け自転車と川村八郎社長

 新商品は、マックスグループの車いすメーカー、カワムラサイクルが開発、製造。安全性などをマックスがチェックし、同社のブランドで販売する。
本体は三輪車のようなデザインを採用し、前方は双輪にして、くぼみや段差にはまり込みにくくした。タイヤの直径は12インチ(約30センチ)で、フレームの高さも27センチと低くすることにより、「乗降や発進時の安全性を高め転倒しにくくした」(川村社長)点が売り物だ。
標準的なスピードは、成人の歩く速さに相当する毎時4~5キロに設定。全長120×幅60センチとコンパクトにしたことで、乗車したままでもUターンしやすい。価格は9万7650円。
対象ユーザーは、加齢や障害に伴って運動機能が低下した人に加えて、介護予防サービスによって改善が見込める「要支援1、2」と、身の回りの世話に見守りや手助けが必要な「要介護1」に属する高齢者。現段階で約300万人の潜在需要があるとみている。
マックスの塩川博常務は「これから『自分で何とかしよう』と思う人が増えるはず」とみて、病院や介護施設での試乗会などを通じて売り込みを図っていく。3年間で4万台の販売を見込んでいる。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載