21チーム120人以上の選手が出場「ジャパンカップ2019」が10月18日(⾦)〜20日(日)に開催決定

  • 一覧
ジャパンカップ2018でゴールスプリントを制し、優勝したロブ・パワー(オーストラリア、ミッチェルトンスコット) Photo: Shusaku MATSUO

 栃木県宇都宮市で毎年秋に行われる国内最高ランクの国際ロードレース「ジャパンカップサイクルロードレース」が、今年は10月18日(⾦)〜20日(日)の日程で開催されることが、正式に発表された。

 「ジャパンカップクリテリウム」の開催が10回目を迎え、節目となる今年は世界のトップ選手を含む21チーム120人を超える選手の出場を予定。ハイレベルなレースが「⾃転⾞のまち」宇都宮で繰り広げられる。

「2019 JAPAN CUP CYCLE ROAD RACE」開催概要

■主催:宇都宮市
■主管:公益財団法人日本自転車競技連盟、ジャパンカップサイクルロードレース実行委員会、 NPO法人ジャパンカップサイクルロードレース協会
■公認:UCI(国際自転車競技連合) ※10月20日ジャパンカップサイクルロードレースは、アジアツアー オークラス(超級)
■概要:
 ●10月18日(⾦) チームプレゼンテーション 会場・オリオンスクエア(宇都宮市オリオン市⺠広場)
 ●10月19日(土) 2019ジャパンカップクリテリウム 会場・宇都宮市⼤通り周回コース
 ●10月20日(日) 2019ジャパンカップサイクルロードレース 会場・宇都宮市森林公園周回コース
 ※詳細は、公式ウェブサイトにて順次発表
■規則:UCI競技規則および大会特別規則による
■出場チーム:全21チーム(予定)
■公式WEB:http://www.japancup.gr.jp/ ※6月下旬にリニューアル予定

この記事のタグ

2019 ジャパンカップ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載