バイクインプレッション2019アイコンのONDAフォーク採用のエントリーロード ピナレロ「プリマ」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 レースシーンの最前線で活躍するピナレロのバイク。高級ブランドとして知られる一方で、エントリーグレードもラインナップしている。今回はピナレロを象徴するONDAフォークを備えながら、13万円を切る価格を実現した完成車「プリマ」のインプレッションをお届けする。

ピナレロのエントリーグレード「プリマ」 Photo: Masami SATOU

 ONDAフォークとは、波打つカーブを描いた一目でそれと分かるピナレロのアイコン的な存在だ。優れたスタビリティと振動吸収性に定評があり、金属フレーム時代の「ドグマFP」や「プリンスSL」などの上位モデルに採用。数々の世界的レースで勝利を収めてきた。

ピナレロのアイコン「ONDAフォーク」を装備 Photo: Masami SATOU

 プリマに装着されたONDAフォークは現行の上位モデルとは異なり、素材は東レの「T-600」で構成。複雑なカーブを描く旧来的なデザインが用いられている。フレームは6061-T6アルミ製トリプルバテッドチューブを使用し、各部の剛性や重量を最適化している。50~56サイズはトップチューブが地面に対して水平なホリゾンタル形状でを採用しており、トラディショナルな雰囲気を漂わせている。

ダウンチューブは水滴型でテーパー形状に Photo: Masami SATOU
フレームはトリプルバテッドで強度を落とさず軽量化を図っている Photo: Masami SATOU

ONDAフォークが走りの軸に

 構成されたパーツから見てとれるように、これからロードバイクを始めたい人に向けて最適な1台だ。コンポーネントは2×9速のシマノ「SORA」で構成されており、信頼性は十分。サイズは7つと豊富で、幅広い体格にマッチするだろう。価格を抑えたアッセンブルながら、走りはピナレロ色がとても強い。

ONDAフォークがずば抜けた安定感をもたらす Photo: Masami SATOU

 ペダルの漕ぎ出しからは軽さは感じない。低速ではハンドル周りが重々しく、車体を振りづらい。しかし、速度が上がれば上がるほど路面に吸着するような安定感を生む。高速コーナーでは思い通りのラインをなぞることができる。従来のONDAフォークらしいフィーリングだ。車体自体の重さがあるため、低速の切り返し→ダッシュは得意ではないが、巡航メインの走りは光るものがある。タイヤやホイールの変更で改善できるだろう。

 この優れた安定性はクラスを超えたもの。通勤や通学でも用いられる価格帯の完成車ではあるが、ロングライドやツーリングでも乗り手にゆとりを与え、充実した時間を提供してくれるはず。いくつものシーズンをともにできる頼もしい1台だ。

ピナレロ「プリマ」
税抜価格:128,000円(完成車)
カラー:イタリアンブルー(パールシャイニー)、BOB(マット)
サイズ:42、44、46、50、52、54、56(42~46はスローピング形状)
メインコンポーネント:シマノ「SORA」

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

10~15万円 アルミバイク バイクインプレッション ピナレロ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載