【Teamユキヤ通信】新城幸也が2カ月ぶりに実走トレーニング 「やっと先が見えました」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 3月に左肘を骨折した、バーレーン・メリダの新城幸也が5月15日、2カ月ぶりに屋外で自転車に乗ってのトレーニングを行い、レース復帰への第一歩を踏み出した。新城は3月13日にタイでの自主合宿中の落車により左肘の粉砕骨折、骨盤骨折の大けがを負い、シーズン中ながら治療とリハビリに専念する日々を送っていた。

終始笑顔で、走れる喜びをかみしめる新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 今月10日、国立科学スポーツセンター(JISS)で行った最新の診察での現状は、左骨盤は7割から8割の仮骨が確認され、完治に近かった一方で、手術をした左肘は、骨をつなぎ合わせるために入れたワイヤーとスクリューの干渉によって、若干、伸縮に違和感を感じ、まだ仮骨が完全ではないという診断を受けた。

 今月7日からエリート・インタラクティブ・トレーナーを使用し、自転車に跨がっての室内トレーニングを開始していた新城は、JISSでの診断結果から担当ドクターと相談し、外での実走ができると判断。14~16日まで軽井沢での復帰合宿を行い、落車以来はじめて外でロードバイクにまたがり、ペダルの感触を確かた。

沢山のカメラに囲まれながら、けが以来の初実走にスタートする新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 新城は「2カ月ぶりです…。今回は長かったです。プロになってこんなに長く自転車に乗れなかったのは、初めてですから。でも、やっと先が見えました。何よりまた自転車に乗ることができて良かった、という気持ちが大きいです」とコメント。今後の見通しについては、「まだまだ、スタート地点に立ったというところで、復帰レースの話ができるレベルではありませんが、これからやるべきことは分かっていますので、レース復帰を目指し走り込むのみです」と意気込みを見せた。

 これまでも手首や大腿骨など、シーズン中に大けがを負いながらも、その度に不死鳥のように復活を遂げてきた新城。「今回もたくさんの皆さんに支えていただき、ここまで回復することができました、本当にありがとうございます。レースで走る姿を見ていただけるように頑張ります!!」とレースへの復帰を誓った。

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載