ジロ・デ・イタリア2019 第4ステージ集団落車で波乱のステージはカラパスが制す デュムランが左膝を負傷し4分遅れる

by あきさねゆう / Yuu AKISANE
  • 一覧

 ジロ・デ・イタリアは5月14日、第4ステージが開催され、リチャル・カラパス(エクアドル、モビスターチーム)が上りスプリントを制し、昨年大会に続きステージ優勝を飾った。終盤に大落車が発生し、総合上位勢の大半が巻き込まれるなか、マリアローザのプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)は難を逃れて先頭集団内でフィニッシュ。昨年総合2位のトム・デュムラン(オランダ、チームサンウェブ)が落車に巻き込まれ、4分の遅れを喫した。また昨日、単独逃げを見せた初山翔(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ)は18分1秒遅れのステージ171位でフィニッシュした。

上りスプリントを制したリチャル・カラパスは、昨年につづくステージ優勝を飾った Photo: Yuzuru SUNADA

NIPPOが3日連続で逃げる

 第4ステージはオルベッテロからフラスカーティまでの235kmで争われた。カテゴリー山岳は序盤に4級山岳が1カ所のみで、大会主催者は難易度を星2つと設定している。しかし、ラスト2kmが平均勾配4.4%の上りフィニッシュとなっており、ピュアスプリンターが生き残り、純粋な集団スプリントになるかどうかが注目されていた。

ストリの町を通過する集団 Photo: Yuzuru SUNADA

 この日の逃げはマルコ・フラッポルティ(イタリア、アンドローニ・シデルメク・ボッテキア)、ミルコ・マエストリ(イタリア、バルディアーニ・CSF)、ダミアーノ・チーマ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ)の3人。3人とも第2ステージでも逃げているメンバーだ。また、NIPPOは3日連続で逃げにメンバーを送り込んでいる。

逃げメンバーは右からマルコ・フラッポルティ、ミルコ・マエストリ、ダミアーノ・チーマ Photo: Yuzuru SUNADA

 総合成績では6分19秒遅れのフラッポルティが最も良いタイムだったが、メイン集団は逃げを完全に容認。タイム差が一気に12分以上開いたところで、メイン集団はタイム差の調整を開始。じわじわとタイムを縮めて、残り80km地点までは7分前後でコントロールしていた。

 レース終盤に向けて、ステージ優勝狙い、総合狙いのチームが入り混じりメイン集団をペースアップ。タイム差が2分を切ってきた残り20km地点付近で、逃げ集団からフラッポルティがアタック。マエストリがチェックに入るも、チーマが脱落した。

 残った2人は粘りを見せるも、ペースの上がり続ける集団を振り切ることはできず。残り10km地点付近で吸収された。

大落車が発生し、総合上位勢の大半が影響

 ピュアスプリンターを擁するチーム、総合エースを擁するチーム、パンチャー・クライマーでステージ優勝を狙うチームと多くのチームが、好位置確保のため、危険回避のために集団前方に位置取り激しい競り合いを見せていた。

チームメイトに守られながら、集団前方に位置取りするプリモシュ・ログリッチェ Photo: Yuzuru SUNADA

 フィニッシュに向けてペースが上がるなか、集団前方に位置していたサルヴァトーレ・プッチョ(イタリア、チーム イネオス)が前を走る選手の後輪に接触し落車。その背後を走っていた選手たち大勢を巻き込む集団落車が発生した。

 総合2位につけるサイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)は落車して左膝と左腰を打ったが、チームのプレスリリースによるとイェーツ自身は「問題ない」とコメント。プッチョの背後を走行していたヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ)は間一髪で難を逃れたものの、マリアビアンカのミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナプロチーム)ら総合上位に位置する有力選手の多くと共に足止めを食らう結果に。

 そのなかで2017年大会総合優勝・昨年大会総合2位のデュムランは落車して酷いけがを負ってしまった。バイク交換の後、再スタートを切るも、左膝からおびただしい量の出血が見られ、ペダリングに力が入らない様子。結局、トップから4分以上遅れてフィニッシュすることとなった。

落車して左膝を負傷したままフィニッシュを目指すトム・デュムラン Photo: Yuzuru SUNADA

 デュムランはレース後にX線検査を受けたところ、骨折は見当たらなかったとのこと。ところが、負傷した左膝の腫れがひどく、レース続行の可否は翌日の状態を見て判断するとのことだ。「総合争いは終わってしまった」と、諦めのコメントも出ており、動向が心配される。

 一方で、総合首位のログリッチェはプッチョより前方に位置取りしていたことで、落車には巻き込まれず、10数人程度の先頭集団に生き残っていた。

 ステージ優勝を狙うモビスターがペースアップを仕掛けている最中の落車だったため、暗黙のルール的にも後続集団を待つ必要はなく、先頭集団はモビスターを中心にペースアップを継続。

 ログリッチェ、カラパス、ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAE・チームエミレーツ)らパンチャー・クライマータイプの選手に加えて、エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)、カレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)、パスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)、アルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ)といったピュアスプリンターを含む13人の選手が抜け出す展開となった。

鋭い加速でカラパスが上りスプリントを制す

 ラスト2kmの上り区間に入ると、UAE・チームエミレーツがペースアップ。すると、ハイペースに耐えきれずにヴィヴィアーニが脱落。

 ヴァレリオ・コンティ(イタリア、UAE・チームエミレーツ)が先頭でけん引したまま、残り1kmのアーチを通過。2番手につけるエースのウリッシを発射するタイミングをうかがっているなか、残り400mで4番手につけていたカラパスがアタック。一気に後続との差を開いていった。

 残り250m付近でユアンがスプリント開始。上りのロングスプリントとなったが、カラパスとの差を縮めて、あと一息という距離に迫るも、最後まで踏み切ったカラパスがフィニッシュラインに先着。昨年第8ステージに続く、2年連続のステージ優勝を飾った。

表彰台で笑顔を見せるリチャル・カラパス Photo: Yuzuru SUNADA

 ステージ3位にはウリッシ、ピュアスプリンターながらステージ4位に入ったアッカーマンがスプリントポイントを加算しマリアチクラミーノを奪還した。

 イェーツ、ニバリ、ロペスらは、ステージ6位のログリッチェから16秒遅れでフィニッシュ。ログリッチェは図らずも総合リードを拡大することに成功した。

 翌第5ステージはフラスカーティからテッラチーナへの140kmで争われる。距離が短いうえに、レース終盤はほとんど起伏のないコースレイアウトとなっており、大会主催者は難易度を星1つと設定している。順当にいけば集団スプリントの可能性が高いステージだろう。

第4ステージ結果
1 リチャル・カラパス(エクアドル、モビスター チーム) 5時間58分17秒
2 カレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル) +0秒
3 ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAE・チームエミレーツ)
4 パスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) +2秒
5 フロリアン・セネシャル(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)
6 プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)
7 ヴァレリオ・コンティ(イタリア、UAE・チームエミレーツ) +14秒
8 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ プロチーム) +18秒
9 アルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ)
10 サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)
171 初山翔(日本、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ) +18分1秒

個人総合(マリアローザ)
1 プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ) 16時間19分20秒
2 サイモン・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット) +35秒
3 ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、バーレーン・メリダ) +39秒
4 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ プロチーム) +44秒
5 ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAE・チームエミレーツ)
6 ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ) +49秒
7 バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード) +55秒
8 ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、バーレーン・メリダ) +56秒
9 ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、ドゥクーニンク・クイックステップ) +1分2秒
10 ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ) +1分6秒
171 初山翔(日本、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ) +36分54秒

ポイント賞(マリアチクラミーノ)
1 パスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) 68 pts
2 アルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ) 61 pts
3 フェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAE・チームエミレーツ) 58 pts

山岳賞(マリアアッズーラ)
1 ジューリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード) 24 pts
2 フランソワ・ビダール(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール) 6 pts
3 マルコ・フラッポルティ(イタリア、アンドローニ・シデルメク・ボッテキア) 4 pts

新人賞(マリアビアンカ)
1 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ プロチーム) 16時間20分4秒
2 ヒュー・カーシー(イギリス、EFエデュケーションファースト) +32秒
3 パヴェル・シヴァコフ(ロシア、チーム イネオス) +40秒

チーム総合
1 ボーラ・ハンスグローエ 49時間0分54秒
2 ミッチェルトン・スコット +29秒
3 UAE・チームエミレーツ +36秒

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー ジロ・デ・イタリア2019 ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載