8月31日までの期間限定「2020サイクリング屋久島」の早割エントリーが開始 世界遺産の島を走るサイクリングイベント

  • 一覧

 世界遺産の鹿児島県・屋久島を走るサイクリングイベント「2020サイクリング屋久島」が来年(2020年)2月16日(日)に開催される。節目となる10回目の開催を記念して、早割エントリーを開始。8月31日(土)までに申し込むと割引料金が適用される。大会前日の2月15日(土)には「屋久島ヒルクライム」も実施される。

「2020サイクリング屋久島」が2020年2月16日(日)に開催。10周年を記念して早割エントリーを実施する Photo: Masahiro OSAWA

 「2020サイクリング屋久島」は島を反時計回りに巡るライドイベント。雄大な自然の中を走れるのが特徴だ。コースには世界自然遺産に指定されている西部林道や、ウミガメの産卵地を通るなど見どころが沢山。参加者はファミリーコースの20km、ショートコースの50km、島を1周する100kmの中からそれぞれの走力に合ったコースを選択できる。

コース上にはヤクザルが出没する Photo: Masahiro OSAWA

 大会の前日、15日には100人限定で参加できるヒルクライムも開催。屋久島総合自然公園入口をスタートし、観光地として知られる白谷雲水峡までの約8kmで行われる。標高差583mで平均勾配6.9%のかなりハードなコース設定だ。

 大会は来年10回目の開催を記念して早割エントリーを実施。8月31日までに申し込むと島1周コースは8500円、ショートコースは6000円、ヒルクライムは5500円で参加できる。このほかサイクリング屋久島とセットで申し込むとセット割が適用される。

「2020屋久島ヒルクライム」概要

開催日:2020年2月15日(土)
会場:屋久島総合自然公園入口(宮之浦)~白谷雲水峡
コース:コース詳細後日決定(最短7.9km~最長9.3kmの間で調整中)
参加資格:大会当日、中学生以上の健康な男女で、大会規則を遵守し、本コースを制限時間内で完走できる体力を有する者
定員:100人
参加料:5,200円(早割)

「2020サイクリング屋久島」

開催日:2020年2月16日(日)
スタート会場:尾之間すこやかふれあいセンター(島一周の部/100km)、永田公民館(ショートコースの部/50km)、栗生生活館(ファミリーコースの部/20km)
参加資格:大会規則を順守し、本コースを制限時間内で完走できる者
・島一周/100km:小学5年生以上
・ショートコース/50km:小学5年生以上
・ファミリーコース/20km:学生以上
【参加料】
・屋久島一周/100km:中学生以上9,700円(8,500円)、小学生4,200円(3,500円)
・ショートコース/50km:中学生以上6,500円(6,000円)、小学生3,000円(2,500円)
・ファミリー/20km:中学生以上3,000円(2,500円)、小学生1,500円(1,300円)
※カッコ内金額は早割料金
※小学生は保護者同伴の申し込みが必要
※参加料にはナンバーカード、参加記念品、AS飲食物利用等を含む
定員:500人

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

大会・イベント情報 鹿児島県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載