バイクインプレッション2019レースにもツーリングでも活躍する“ベストハンドリングバイク” チネリ「スーパースター」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 鮮やかなグラフィックに彩られたチネリ「スーパースター」をインプレッション。折れ曲がったトップチューブやシートステーが特徴で、ロードレースやグランフォンドの本場でも活躍する走りと快適性を両立したモデルだ。

チネリ「スーパースター」 Photo: Masami SATOU

本場のレースでも活躍

 スーパースターはエンデュランス寄りにスペックを振ったロードバイクでありながら、イタリアのUCI(国際自転車競技連合)コンチネンタルチームのチーム コルパックの選手がロードレースシーンで駆っている。エンデュランスモデルとはいえ、高速走行が求められる本場のグランフォンドを意識した設計なのだろう。

ワイヤーの内蔵式でスマートな取り回し Photo: Masami SATOU
チェーンを干渉させないよう特徴的なチェーンステー形状となった Photo: Masami SATOU
ハンドリングマシンに仕立てるヘッド周り Photo: Masami SATOU

 チネリの担当者が「ベストハンドリングマシン」と称する通り、コントロール性を求めた設計が各所に見て取れる。折れ曲がったトップチューブは、前輪に突き上げや衝撃が加わってもそのショックを受け流す役割を担っており、高速のダウンヒルで威力を発揮するという。せり上がったチェーンステーは、路面の凹凸などでチェーンが上下した際、干渉しないようにするためのものだ。

高速コーナーで粘りを見せる

 跨ってみると意外と線が細いこのバイク。しかし、走り始めると芯を感じられる安心感でスーッと引っ掛かりなく進んでいく。まるで精度の高いクロモリロードバイクのような感触だ。ダンシングでは適度なバネ感が気持ちよく、思わず踏み込む足に力が入る。

伝統的なクロモリレーサーと、現代的なカーボンバイクの良さを掛け合わせたような魅力がある Photo: Masami SATOU

 優れた推進力に対し、ヘッドとフォークの相性も抜群だ。バイクを左右に振ると機敏ではないものの、ワンサイズ大きなバイクに乗っているような安心感を与えてくれる。スピードを乗せて進入する高速コーナーではググっとフロントが粘りをみせ、狙い通りのラインに簡単にトレースできた。とても特徴的なハンドリングながら速さと快適性に直結しており、完成度は非常に高い。レースで選ばれる理由もはっきりとわかった。

 今回はリムブレーキモデルを試したが、スルーアクスルを採用したディスクブレーキの性能も期待できる。ビビットで攻めた外観とは裏腹に、どこか伝統を感じさせる懐の深さを備えたバイクであった。チーム コルパックのようにレースに出場するもよし、高速ツーリングに挑むのも良し。幅広いサイクリストにマッチするだろう。

■チネリ「スーパースター」フレームセット※リムブレーキ
税抜価格:195,000円
サイズ;XS(46)、S(48)、M(51)、L(54)、XL(57)
フレーム重量:920g(Mサイズ)
フォーク重量:350g

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイクチネリ(cinelli)のロードバイク

20~30万円 カーボンバイク チネリ バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載