抽選で3名に栗村修さん直筆サイン入り著書をプレゼント読者が選ぶ「伊豆大島御神火ライド2019」公式ジャージ あなたが着たい一着は?

  • 一覧

 9月7日(土)、8日(日)に開催される『Cyclist』主催「伊豆大島御神火ライド2019」では、「読者が選ぶ御神火ジャージ」と題して大会公式ジャージのアンケートを実施します。『Cyclist』編集部員5人がデザインしたジャージのうち、アンケートで最も得票数が多かったものを大会公式ジャージとして認定・発売します。あなたが「これを着て御神火ライドに参加したい」と思うジャージを1つ選び、それを選んだ理由も教えてください。回答いただいた方の中から、抽選で3名様に栗村修さんの直筆サイン入り著書『速くなる! 栗村修のロードバイク「輪」生相談』(洋泉社刊)をプレゼント。アンケートの投票は5月13日(月)まで。『Cyclist』編集部員のセンスを厳しくジャッジしてください!

募集は終了しました

「伊豆大島御神火ライド2019」の公式ジャージに選ばれるのはどのジャージ? ©Cyclist

編集長・澤野作「60年代風『あんこ娘』ジャージ」

編集長・澤野健太デザインの「60年代風『あんこ娘』ジャージ」。背中のあんこさんに、前後下部に前垂れのピンクを施すなど芸が細かい ©Cyclist

 「伊豆大島を走った楽しい体験を、いつでも、どこでも思い出せるように」との思いから、編集長・澤野健太がデザインしたのは、伊豆大島の「あんこさん」が着ている伝統的な衣装をオマージュしたシンプルなジャージ。女性も着やすいのはもちろん、自転車好きも納得してもらえるように、1960年代のヨーロッパのチームのジャージも意識したという、伊豆大島とサイクリストの要素を取り入れた力作です。背中のバックポケットから、ちらりと覗いているあんこさんもポイントです。

大澤作「御神火の太陽」

大澤昌弘デザインの「御神火の太陽」。暑いだけでなく、美しい伊豆大島の太陽を思わせる色味 ©Cyclist

 「伊豆大島の朝焼けと夕日を大胆に表現しました」という大澤昌弘のジャージは、鮮やかなオレンジ一色に染め上げた印象的なデザイン。左腕の袖口には、伊豆大島の海と島を象徴する青と緑のラインがあしらわれています。胸元の大会公式マークは全体に広がるオレンジに反して白抜きになっていますが、この理由について大澤は、「大会公式ホームページに使われている御神火ライドのマークから色が飛び出たら…と想像してデザインしたもの」とのこと。もし選ばれずにボツになった場合は「自腹で作ろうかな…」だそうです。

後藤作「『あんこさん』なりきりジャージ」

後藤恭子デザインの「『あんこさん』なりきりジャージ」。左右のアシメトリーな柄使いが特徴的 ©Cyclist

 コンセプトが編集長とかぶるというミラクルが起きた、後藤のデザインは「あんこさん」なりきりジャージ。打ち合わせなくコンペに挑む編集部の本気度が現れた格好です。あんこさんの着物を再現するように絣(かすり)の模様を配したデザインは、「せっかくなら“伊豆大島化”して楽しんでほしい」という思いから生まれたそう。伊豆大島で販売している椿の絵が大きくあしらわれた手拭いをかぶれば「あんこさん」に変身。願わくば椿柄のサイクルキャップも作りたい、と密かな野望も抱いています。

松尾作「どこでも御神火」

松尾修作デザインの「どこでも御神火」。その名の通り、着る場所を選ばないシックなデザイン ©Cyclist

 松尾修作のデザインコンセプトはイベント以外でも着たくなるウェア、その名も「どこでも御神火」です。大会の公式ジャージについて日頃から「一般的に大会ロゴが大きく、カラフルなものが多いのでは…」と思っていたという松尾。「イベント当日は盛り上がれますが、大会外ではちょっと派手で着づらいと感じている方も多いのでは…」という思いの丈を注ぎ込んだジャージは、ネイビー一色のシックなデザイン。「街中のカフェライドにも溶け込める、オシャレにいつでも御神火ジャージを楽しむことができる1着です!」という自信満々の松尾は賛同を得られるのでしょうか?

石川作「海と椿」

石川海璃デザイン「海と椿」。伊豆大島の青い海と、椿の雌しべからとった黄色を使った鮮やかなジャージ ©Cyclist

 「この企画でデザインの難しさを痛感しました」という石川海璃。「僕の雑なイラストと説明できちんと再現してくれる世のデザイナーさん達には頭が上がりません」と目下反省中ですが、さて、肝心のジャージはというと、大島を囲む海の青、そして椿の花の中心でひときわ目立つ“雌しべ”の黄色の2色を使ったシンプルで鮮やかなデザイン。胸元と背面には大会ロゴを大きく配しました。「全体的に明るい色のジャージなので、夜でも暗めの素材より目立つことでしょう!」とサイクリストらしく視認性にも配慮しています。

募集は終了しました

「御神火ライド2019」エントリー受付中!!

■開催日:2019年9月8日(日)
■スタート/ゴール地点:東京都大島町元町仲野-203-6「仲の原園地」
■コース(定員):
 ・御神火チャレンジコース 73km、獲得標高1434m(350人)
 ・大島ぐるっと一周コース 46km、獲得標高826m(250人)
■参加記念品:伊豆大島 御神火ライド2019イベントサコッシュ
■参加料:8,000円~
 ※6月10日まで早割エントリーを受け付けています
 ※「前回参加者割」もあります
■定員:600人

関連記事

この記事のタグ

伊豆大島御神火ライド 伊豆大島御神火ライド2019

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載