バイクインプレッション2019成熟したエアロモデルの完成形 キャニオン「エアロードCF SL ディスク8.0 Di2」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 キャニオンのミドルグレードエアロロードバイク「エアロードCF SL」に、新たにディスクブレーキを装備したモデルが追加された。上位車種と遜色のない優れたバランスを誇るセカンドグレードに、流行のディスクブレーキの組み合わせたモデルを試した。

キャニオン「エアロードCF SL ディスク8.0 Di2 Photo: Masami SATOU

 エアロードは登場から5年の月日が流れる“定番”として人気を誇るキャニオンのエアロロードバイクだ。より軽量に仕上がるカーボン素材を使用した「SLX」グレードがトップモデルに設定されており、今回試した「SL」はやや増量したモデルにあたる。

ステム一体型ハンドル「エアロコックピット」を装備 Photo: Masami SATOU
エアロ効果を高めるリア周りのデザイン Photo: Masami SATOU

 とはいえ、Mサイズの完成車重量で7.6kgに収められており、これを重いというのならエアロード ディスクを選択しない方が良い。また、SLXと比較して増えた重量は剛性面をカバー。両グレードともに同等の剛性を実現しているのもポイントだ。

ブレーキ性能だけでなく、スルーアクスルがスタビリティを向上させる Photo: Masami SATOU

 このバイクでエアロードのインプレッションをコンプリートしただろうか。SLXのリム、ディスクブレーキ、前回はSLのリムブレーキ仕様を試した。今回のバイクを含めて4種類のエアロードをインプレッションした中で、ベストバイを問われるとSL ディスクを推したい。

 やはりエアロロードバイクにディスクブレーキはもはや必需品といえるだろう。できればDi2も装備したい。その両方を備えているのがこのエアロードCF SL ディスクだ。エアロ効果が期待できるだけでなく、優れた整備性とホースの取り回しを気にしなくてよい軽いブレーキタッチを実現させる。

 ディスクブレーキの恩恵としてスルーアクスルの効果も絶大だ。下りやコーナーリング時に抜群のスタビリティを演出するほか、前後58mmハイトのディープリムホイールも軸の剛性が上がったことで、そのボリュームを忘れさせるほど車体の振りが軽やかになる。この点、リムブレーキモデルはディスクブレーキ仕様には敵わない。

エアロードの中ではベストバイのモデル Photo: Masami SATOU

 フレーム剛性を上位モデルと合わせたとメーカーは謳うが、まさにその通りで正直じっくりと乗り比べないと本当にわからないレベルとなった。元々、縦方向に剛性が高いエアロフレームに、ディープホイールが組み合わせられているので踏み出した際のパワーロスは感じさせない。

 総じて、熟成された完成度を誇るエアロードCF SL ディスクが最も“買い”だと言える。ハンドルとステムは一体成型の「エアロコックピット」であるし、フィジーク「アリオネR5」などディティールも申し分ない。それ以上を望むのであればSLXでもいいだろうが、エアロードのラインナップから筆者が1台を選ぶなら間違いなくこのバイクだ。

■キャニオン「エアロードCF SL ディスク8.0 Di2
税抜価格:479,000円
※ドイツ付加価値税不要、完成車送料(19,200円)が別途必要
サイズ:2XS、XS、S、M、L、XL、2XL
完成車重量:7.6kg

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

関連記事

この記事のタグ

キャニオン バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載