バイクインプレッション2019“北の地獄”を制したエアロコンフォートバイク スペシャライズド「Sワークス ルーベ」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 “北の地獄”と称され、激しい石畳や未舗装路が登場するパリ~ルーベを制したスペシャライズド「Sワークス ルーベ」をインプレッション。ダイヤルでダンピングを調整できるフューチャーショック2.0や、高速走行時に武器となるエアロ形状を取り入れた最新バイクを試した。

“北の地獄”を制したスペシャライズド「Sワークス ルーベ」 Photo: Masami SATOU

 スペシャライズドのコンフォートバイクとして代々ラインナップされてきたルーベ。過去には振動吸収素材のゼルツや、また先代ではフロントフォーク内にサスペンションを備えたフューチャーショックを採用するなど、速さと乗り心地の両立を目指して開発されてきた。

20mmのストローク量を持ち、トップキャップのダイヤルでダンピングを調整できるフューチャーショック2.0 Photo: Masami SATOU

 今回、新たに生まれ変わったモデルでは速さとスムーズさをさらに進化させた。油圧ダンパーを備えたサスペンション「フューチャーショック2.0」は、20mmのストローク量を持ち、タイヤからハンドルへと伝わる振動を吸収。ダンピングはコラム上のダイヤルを回すことで調整も可能となる。悪路ではサスペンションを利かせ、速度を載せたい舗装路ではロックさせる、といった調整がライド中でも簡単に行える。

クランプ位置を低くし、支点を下げることでシートポストのしなりを演出 Photo: Masami SATOU
「ターマックSL6」を凌ぐ空力性能を発揮 Photo: Masami SATOU

 「Pavéシートポスト」も振動に対して有効だ。クランプの位置を空間を設けたシートチューブ内の低い位置に設定。支点を低くすることで、積極的にしならせることが可能となった。また、D型に設計されエアロ効果を追求。フレームも風洞施設で研究・設計され、同ブランドの「ターマックSL6」を凌ぐ空力性能を手に入れた。

ライド中でも片手でダイヤル操作

 実車を目の前にすると大幅に変化したことに目が行く。コンフォート系ロードバイクらしくアップライトなポジションであるものの、ターマックを彷彿とさせるレーシーな佇まいに、素直にスタイリッシュだという印象を受けた。表面上では前述のギミックが取り入れられてることを感じさせないスマートな外観となっていた。

 まず、舗装路で性能を試した。そこではサスペンションやPavéシートポストの機構は良い意味で存在を忘れさせた。坂道のダンシングや軽いアタックではフューチャーショックが動いてる感覚は希薄だった。この時、ダンパーはミドル域の設定とした。あくまで垂直方向のショックに対して働き、横への動きに対しては極力動かない設計になっているようだ

悪路だけでなく、舗装路でも速さを示した Photo: Masami SATOU

 ダイヤルで最も柔らかく設定し、同じく舗装路を進むも、大きくサスが動いていないように感じた。が、片手をサス部に添えると路面に合わせて細かく上下しているのが分かった。それを乗り手には感じさせずに、パワーロスを押さえているのだろう。チームメートと練習走行でも使用したが、重さや嫌な柔らかさは感じず、高速のローテーションでも速さを示した。ただ、ダイヤルでサスペンションを最もハードな設定にしてスプリントに臨んだが、50km/hを超えてからの“もがき”に対してはやや繊細な動きをみせた。

 真価を発揮したのは未舗装路だ。通常なら身構えてしまう凹凸に対し、確実にサスペンションがストロークして振動を吸収し、相当なスピードで突っ込んでも安定したハンドリングとペダリングを持続させることができた。28Cという太めのタイヤもショック吸収と、タイヤのグリップに良く働いていた。

 数日間乗り込んで「これならパリ~ルーベのようなレースでも勝てる」と納得。極限のレースにおいてアドバンテージになったことは間違いないだろう。では、悪路や石畳がほとんど無い日本では活用できるだろうか、と問われてもYesと答えられる。パワーロスを感じさせず、振動吸収率を調整でき、軽くて速いSワークス ルーベは、ブルベやグランフォンドにもマッチするだろう。

 いずれにせよ、最新機材のギミックは大好物。常にワクワクしながらテストできた1台だった。

スペシャライズド「Sワークス ルーベ SRAM Red ETAP AXS」
税込価格:1,242,000円
メインコンポーネント:SRAM「Red ETAP AXS」
ホイール:Roval「CLX 32 Disc」

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

スペシャライズド バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載