新製品情報2019コラテックが新型e-BIKE「EパワーLS」を初夏に発売 既存モデルはより低価格に

  • 一覧

 ドイツの自転車ブランド「corratec」(コラテック)が、新型のe-BIKE「E-POWER LS」(EパワーLS)を5~6月頃に発売する。アシスト機能と多段ギアを駆使して街中を快適に走るバイクだ。また、既に発売されている「E-POWER X VERT」(EパワーXヴァート)と「E-POWER SHAP」(Eパワーシェイプ)は価格を改定した。

小径車に電動アシストユニットを搭載した「eパワーLS」 ©corattec

4段階のアシストモードを搭載

 EパワーLSはボッシュ製の電動アシストユニット「アクティブラインプラス」を搭載したミニベロ(小径ホイール自転車)だ。4段階のアシストモードを備え、エコで100km、ツアーでは65km、スポーツは57km、ターボでは50kmの航続距離を誇る。

MTBタイプのe-BIKEにも用いられる「アクティブラインプラス」を採用 ©corattec

 ギヤはシマノ「ネクサス」を搭載した内装8段変速式。4段階のアシストモードと変速ギヤを駆使すれば、平坦道は速く走れるほか、急な坂は楽に上ることができる。ブレーキは油圧ディスクで、軽いタッチでもしっかりと制動力を発揮する。

 車体は乗り降りしやすいしやすいようにスタッガードフレーム形状を採用。足を大きくあげなくても車体にまたがることができる。20×3.0の極太タイヤは街中に潜むデコボコ道や段差を楽々クリア。高い走破性を持っている。

付属のメーターはアシストの段階や速度などを表示する ©corattec
前後ライトとフェンダーが標準装備 ©corattec

 車体の後ろにはちょっとした荷物が載せられるキャリアを搭載。前後ライトは標準で装備されている。赤に彩られたフェンダーは泥はねを防ぐだけでなく、車体のアクセントとしておしゃれを演出。ドイツではその見た目から老若男女問わず乗られているという。

5万円のプライスダウン

 また、コラテックでは、4月でe-BIKEの日本国内展開が1周年になることを記念して、既に発売されている2車種の価格を変更した。

フロントサスペンションを搭載した「EパワーXヴァート」 ©corattec
クロスバイクタイプの「Eパワーシェイプ」 ©corattec

 より多くの人にe-BIKEを体験してもらうため、それぞれ5万円のプライスダウン。「EパワーXヴァート」は34万8000円、「Eパワーシェイプ」は24万8000円で購入できるようになった。

■E-POWER LS
税抜価格:258,000円
サイズ:44
カラー:ホワイト/レッド
重量:24.5kg

■E-POWER X VERT 650B
税抜価格:348,000円
サイズ:39、44
カラー:マットブラック/イエロー
重量:20.2kg

■E-POWER SHAPE
税抜価格:248,000円
サイズ:39、44
カラー:マットブラック/イエロー
重量:19.8kg

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

e-BIKE コラテック ミニベロ 小径車 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載