広島で開催の今季第1戦中村輪夢がBMXパーク・ワールドカップで初の表彰台・銀メダル 女子は大池水杜が4位

  • 一覧

 広島で開催されたBMXフリースタイル・パーク&フラットランドのワールドカップ今季第1戦は4月21日、男女の決勝が行われ、2020年東京五輪の新種目に決まったパーク競技で中村輪夢(りむ)が男子初のワールドカップ表彰台となる2位となった。パーク女子は大池水杜が上位と僅差の4位に入り、またフラットランドでは男子は片桐亮が、女子は片桐光紗季がそれぞれ優勝した。

ワールドカップ初の表彰台に立った中村輪夢(左) © 2019 JCF

 中村は予選3位、準決勝7位で決勝へと進出。高さを生かした空中技を中心にミスのないランを見せ、1回目に91.80、2回目に92.40を記録してその時点で2位となり、最終組の選手にも上回られることなく日本勢初の表彰台とメダルを獲得した。

高さのある技を決める中村輪夢 © 2019 JCF

 ワールドカップは今季3戦が予定され今回がその初戦。オリンピックの出場枠の確保に向けたポイント争いで、各国から世界チャンピオンやワールドカップ上位常連がそろうハイレベルな争いの中、中村は価値ある銀メダルとなった。なお日本は開催国枠1が与えられている。

 試合後、「率直に嬉しい」と語った中村。「まずは自分のベストのランをすること、そこに結果がついてくると思った。決勝は現状ベストに近いものができたが、まだまだ伸びしろは感じている。次のワールドカップ(フランス、モンペリエ)へ向けてそこを仕上げていきたい」と大会を振り返った。

 女子の大池は予選で転倒するなど、完璧な仕上がりではない中で実力を見せた。

BMXフリースタイルパーク 男子決勝結果
1位 Brandon LOUPOS(オーストラリア)95.80
2位 中村 輪夢(日本)92.40
3位 Logan MARTIN(オーストラリア)91.10

BMXフリースタイルパーク 女子決勝結果
1位 Hannah ROBERTS(アメリカ)91.25
2位 Lara Marie LESSMANN(ドイツ)84.12
3位 Perris BENEGAS(アメリカ) 84.00
4位 大池 水杜(日本)81.75

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

BMXフリースタイル・パーク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載