フランク・シュレク2013年ツールには出場できず ドーピング使用に処分

  • 一覧

 ルクセンブルクの反ドーピング機関は1月30日、昨年の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」でドーピング違反をしたフランク・シュレク(ルクセンブルク、レディオシャック・レオパード・トレック)に1年間の出場停止処分を科した。

 シュレックは2011年大会で総合3位。処分は禁止されている利尿剤が検出された12年7月14日から1年間適用され、ことしのツール・ド・フランスには出場できない。 (ロイター=共同)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2013 ドーピング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載