プロが求めるスペックを具現化FSAのロードバイク用電動コンポーネント「WE」にディスクブレーキモデルが追加

  • 一覧

 FSAのロードバイク用電動コンポーネント「K-Force WE」からディスクブレーキモデルが登場した。小型で日本人の手でも馴染むブラケット形状が特徴で、ディスクブレーキのメリットを最大化。キャリパーやローターにもプロレーサーが納得する技法が取り入れられ、レースシーンに対応する最新スペックのコンポーネントとなった。

ディスクブレーキバージョンが新たにラインナップに加わったFSA「K-Force WE」 Photo: Shusaku MATSUO

コンパクトな握りを実現

 FSAはステムやハンドル、シートポストなど、バイクに欠かせないアクセサリーブランドとして知られている。レース現場からのフィードバックを数多く有している同社は、コンポーネントの制作にも着手。2017年にセミワイヤレス電動コンポーネントK-Force WEを発表し、技術力を世界に示した。

FSAのセミワイヤレス電動コンポーネント「K-Force WE」 ©FSA

 発表から2年。現代のロードバイクはエアロ化とディスクブレーキというトレンドが鍵となり、着々と進化を果たしている。それに伴い、K-Force WEもライバルブランドに追従する形でディスクブレーキ仕様をラインナップ。後発となったことで熟成を進め、プロがレースで求めるスペックを纏っての登場となった。

シリンダーを内蔵しつつ、コンパクトなシェイプを実現 Photo: Shusaku MATSUO

 ライダーが常に握り続けるレバーは、コンパクトな油圧用マスターシリンダーを内蔵したことでコンパクトなシェイプを実現。K-Force WEのリムブレーキタイプのレバーと変わらない握り具合となっている。通常、シリンダーを備えるとグリップ部が太くなりがちだが、手の小さいライダーでもしっかりと握りこむことが可能だ。レバーの付け根にあるローラーは、スムーズなレバー動作と、わずかな動きでもブレーキングに繋げるレスポンスを提供する。

スムーズにレバーを動かすローラーを内蔵 Photo: Shusaku MATSUO
レバーはハンドルバーから容易に脱着可能 Photo: Shusaku MATSUO

整備性と実用性を両立

 ブリードポートはレバートップに配置。ブラケットフードの位置をずらすだけでブリーディング(エア抜き)が可能となった。また、従来のレバーはハンドルへと取り付ける際、ハンドルバーエンドから抉るようにして適正位置まで移動させることでハンドルバーが傷つく経験をした読者も多いはず。しかし、K-Force WEは後からレバーをハンドルへと取り付けることができるため、ねじ込む必要がなくなった。

優れた剛性を誇るブレーキキャリパー Photo: Shusaku MATSUO
ブレーキパットは風が抜けやすい形状に Photo: Shusaku MATSUO

 制動力を司るブレーキ周りも造りに妥協はない。フラットマウントタイプのキャリパーは、高剛性かつエアロを意識した設計となった。専用のブレーキパッドは指で簡単に取り外しが可能。パッドのアルミ製マウントプレートは積極的に風を取り入れ、抜けやすい形状となっており、ブレーキング時に放熱を促しパフォーマンスを持続させる。

 2ピースの鍛造アルミローターは高い剛性を誇り、確実にキャリパーの力を受け止め制動力へと変換。また、回転したディスクローターによる怪我を防止するため、ローター外側の角は丸みを帯びており、エッジが削られて滑らかな形状となった。

FSAのエドアルド・ジラルディ氏 Photo: Shusaku MATSUO

 FSAセールスマネージャーのエドアルド・ジラルディ氏はK-Force WEディスクブレーキの実力をこうアピールする。「強力なブレーキは速さに繋がります。より突っ込んだブレーキングが可能となり、最速のラインへと導いてくれる。プロはそれを求めています。プロが良いと評価するものは、全てのサイクリストにとって最良のものです」と自信を持って話した。

 リムブレーキバージョンと比較するとコンポーネントセットの重量が増す場合が多いが、K-Force WEのディスクブレーキはセットで2057gと軽量に仕上げられた。すでにプロチームへの供給が始まっており、UCI(国際自転車競技連合)プロコンチネンタルチームのブルゴス・BHがレースで使用。今後はEFエデュケーションファースト、アスタナ プロチームが実戦に投入する予定だ。

関連記事

この記事のタグ

FSA 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載