title banner

完成車か“バラ完”どちらがいいの? ロードバイクの買い方を紹介

  • 一覧

 ロードバイクの買い方…と言われてもピンとこないかも知れません。普通に自転車を買うとすれば、ショップに行き、お店に置いてある、あるいはカタログに載っている好みのバイクを選び、購入する…というイメージではないでしょうか。こういった“完成車”での購入のほかに、ロードバイクでは“バラ完”と呼ばれる購入方法があります。

“バラ完”はフレーム選びからスタート Photo: Shusaku MATSUO

“コスパ”の完成車

 バラ完とは、フレームとパーツをバラバラに揃えて完成車を組み上げること。ロードバイクは自動車に比べてシンプルな機構なため、異なるメーカーのパーツ同士を合わせられる範囲が広く、その組み合わせは無限大と言っても過言ではありません。オーナーの好みを細部まで完璧に反映できる“バラ完”は、ロードバイク購入における最高の醍醐味でしょう。

 さて、完成車とバラ完、どちらで購入する方がいいの?と思われるかも知れませんが、それぞれにメリットがあります。でも迷うような初心者であれば、まずは完成車での購入をおすすめします。

パッケージで販売される「完成車」 Photo: Shusaku MATSUO

 完成車のメリットは、何と言ってもコストパフォーマンスです。いわばフレームとパーツのセット販売。トータルで買ってくれるなら、その分お安くしますよ…というわけです。例えば完成車の価格と、バラ完用のフレームのみ販売の価格を見比べた場合、フレーム以外のパーツ代金はほぼ原価じゃないか?という場合もしばしばあります。

バラ完ではコンポーネントも一から選択できる Photo: Shusaku MATSUO

 また、フレームとパーツの相性が、しっかり吟味されているのも完成車のメリットです。ある程度規格化されているとはいえ、フレームとパーツ、パーツと別のパーツとの相性問題は、完全に解消されている訳ではありません。完成車販売であれば、取付けの相性はもちろん、カラーコーディネートも考えたパーツ選びがされていることが多いです。

 近年は、メーカー車でセミオーダーのシステムを提供することも増えてきました。限られた範囲ではありますが、パーツの組み合わせやカラーを選んで、完成車として購入することができます。

完成車では選べないホイールも選択可能に Photo: Shusaku MATSUO

 一方、バラ完のメリットは、一つひとつのパーツに至るまで、オーナーが好きなように選べる点です。例えばハンドルバーひとつにしても、各部の寸法や曲がり方はさまざま。この他にもバイクとライダーをつなぐサドル、バーテープなどは、人によって好みや合う・合わないが分かれる部分です。完成車も後から別のパーツに交換することはできますが、最初から自分にとってベストなものを付けていれば無駄がありません。

スタッフとよく相談を

 また、完成車では比較的“無難”なパーツ選びがされている場合が多いですが、バラ完なら個性や機能が“尖った”パーツをあえて選ぶこともできます。ある程度サイクリストとして経験を積み、パーツの好みや善し悪しが分かるようになったら、バラ完にチャレンジしてみると楽しいでしょう。

スタッフに相談してぴったりの1台を見つけよう Photo: Shusaku MATSUO

 完成車の場合は、バイクメーカーからパーツ類がほぼ取り付けられた状態でショップに納品されますが、バラ完はフレームとパーツが完全にバラバラの状態から、ショップで一から組み上げていきます。バイクが徐々に出来上がっていく姿は見ていてワクワクしますし、ショップにとっても腕の見せ所です。信頼できるショップで、スタッフと相談しながら自分だけの“究極の一台”を作り上げましょう。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載