欧州と日本でハイレベルの戦いに挑む水谷壮宏が新監督就任、ジロ勝利のモニエが新加入 ブリヂストンアンカーが2013年チーム体制を発表

  • 一覧

 ブリヂストンサイクルは31日、東京都渋谷区のバイクフォーラム青山で記者発表会を行い、「ブリヂストンアンカーサイクリングチーム」の2013年チーム体制を発表した。

アンカーロードチーム。前列左より、水谷壮宏監督、六峰亘、平井栄一、初山翔、伊丹健治。後列左より、ヴァンサン・カナール、ダミアン・モニエ、トマ・ルバ、清水都貴、井上和郎アンカーロードチーム。前列左より、水谷壮宏監督、六峰亘、平井栄一、初山翔、伊丹健治。後列左より、ヴァンサン・カナール、ダミアン・モニエ、トマ・ルバ、清水都貴、井上和郎
新たに指揮を執る水谷監督。現役時代はスプリンターとして、日本とフランスを中心に多くの勝利を挙げた新たに指揮を執る水谷監督。現役時代はスプリンターとして、日本とフランスを中心に多くの勝利を挙げた

 UCIコンチネンタル登録するロードチームには、かつてブリヂストンで選手として活躍した水谷壮宏が監督に就任した。

 選手は昨年のメンバーから清水都貴、井上和郎、伊丹健治、トマ・ルバの4人が残留。新加入選手は宇都宮ブリッツェンから初山翔が移籍し、アンカーU23サテライトチームから平井栄一、六峰亘が昇格した。

 また新たな外国人選手として、昨年まで9年間コフィディス(フランス)に所属し、2010年にはジロ区間優勝の実績もあるダミアン・モニエと、昨年フランス国内のエリートアマチュアレースで多くの勝利を挙げたヴァンサン・カナールが、それぞれ加入した。

 チームの目標としては、2004年以来となる全日本選手権ロードレースの優勝と、今年UCIの1クラスに昇格したツアー・オブ・ジャパンでのステージ優勝、また国内外の2クラスのレースでの優勝が掲げられた。チームのエースは清水、キャプテンは井上がそれぞれ務めるという。

 水谷監督は「これまでのやり方を全て見直し、ゼロから再スタートする。このチームが最強であることを証明したい」と意気込んだ。また、「いま日本人で世界に通用するトップ選手は数人しかいない。若い選手にチャンスを与えて育成していきたい。このチームには選手を強くする機能が全て揃っている」と若手育成にも強い意欲を見せた。

 チームは2月まで日本国内でトレーニングを積んだ後、3月に渡欧し、フランスを中心に10レース以上のUCIレースを戦う。5月に帰国し、ツアー・オブ・ジャパンや全日本選手権などの国内ビッグレースに出場した後、7月から8月にかけて再び渡欧。8月末のシマノ鈴鹿ロードレース以降は国内のレースに出場する。

 MTBチームの体制は昨年と変わらず、今年も国内唯一のUCI登録MTBチームとして、フランス・マルセイユに拠点を置いて活動を行う。

→ 2年目の世界挑戦は「ゼロからの再スタート」 新監督&キャプテンに聞く

ロードチーム体制
監督:水谷 壮宏
第2監督:ドゥニス・ルプルー
メカニック:金田 正
ドクター:内田 彰子
使用バイク:アンカーRMZ、RIS9

選手:
清水 都貴 1981年11月23日生
井上 和郎 1981年2月17日生
伊丹 健治 1988年9月15日生
トマ・ルバ 1985年12月14日生
初山 翔 1988年8月17日生(宇都宮ブリッツェンより移籍)
ダミアン・モニエ 1982年8月27日(cofidisより移籍)
ヴァンサン・カナール 1985年11月30日生(VC Caladoisより移籍)
平井 栄一 1990年11月18日生(アンカーU23より昇格)
六峰 亘 1992年1月30日生(アンカーU23より昇格)

MTBチーム体制
アドバイザー:鈴木 雷太
監督:ヴィクター・トマ
使用バイク:アンカーXIS9

選手:
平野 星矢 1987年5月15日生
沢田 時 1994年1月12日生

アンカー ウェブサイト(ブリヂストンサイクル)

この記事のタグ

チームブリヂストン ブリヂストンサイクル

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載