バイクインプレッション2019スピードを手にした2代目エンデュランスロード ビアンキ「インフィニートCV DISC」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ビアンキのエンデュランスレーシングモデル「インフィニートCV」がディスクブレーキを纏い、フルモデルチェンジを果たした。振動除去素材「カウンターヴェイル」を用いたビアンキの意欲作となる2代目の性能をチェック。振動吸収性能だけでなく、キレのある走りが魅力のオールラウンドな1台を紹介する。

ビアンキ「インフィニートCV DISC」 Photo: Masami SATOU

長年のノウハウで素材の性能を引き出す

 カンターヴェイル(CV)とはマテリアル・サイエンス社が開発した振動除去素材で、スポーツバイクへの使用はビアンキのみが許されている。ビアンキは長年培ったノウハウを生かし、カウンターヴェイルの性能を引き出すことに成功。現在はハイエンドロードバイクの「スペシャリッシマ」や、「オルトレ」シリーズ、タイムトライアルバイクの「アクイラCV」のほか、マウンテンバイクなど幅広いラインナップに用いられている。

リブ造形が美しいヘッドチューブ Photo: Masami SATOU

 剛性を犠牲にせず、コンフォート性能を高めた数々の製品は選手からも好評を博し、ユンボ・ヴィスマの好リザルトを支えているカウンターヴェイル。その魔法のような素材を最初に用いたビアンキのバイクが、2013年に登場した初代インフィニートCVだった。

 2代目となる今作はディスクブレーキが標準設定となった。快適性を高めるうえで、より少ない力で繊細なブレーキングができるディスクブレーキはもはや当たり前のスペックといえるだろう。前作は振動吸収を狙った曲線が施されたが、今作では直線的なデザインが多く用いられ、各部のボリュームは増加。より精悍で逞しいスタイルとなった。

 一昔前の「エンデュランスロードバイク」、「コンフォートロードバイク」は乗り心地を重視し、走りに関しては今一歩というものが多かったと思う。振動吸収性能を重視してフレームをたわませれば、入力したパワーが逃げてしまう。相反する性能は簡単には両立することができない。

振動吸収除去素材のカウンターヴェイルが用いられる Photo: Masami SATOU
シートステーブリッジが逞しさを演出 Photo: Masami SATOU

ヒルクライムでも活躍するか

 しかし、インフィニートCV ディスクは勢いよくクランクへパワーを伝えても、フレームをたわませることなく素直に推進力へと変わっていく。またダンシング時には、バイクの振りがとても軽いのに驚いた。いつもは途中で腰が落ちる長い上りでも、軽快な動きに気が付けば頂上に到着していた。重心が低いからかパタン、パタンと左右に切り返せるので、上半身の力がセーブできたことも影響しているだろう。路面の継ぎ目や振動も、CVが本領を発揮し、ライドに集中できた。

乗り心地が良いだけでなく、レーサーとしても活躍する軽やかな走りが特徴 Photo: Masami SATOU

 折り返し、長い下りに入った。スピードが上がりきってからのブレーキングではディスクブレーキのアドバンテージが光り、不安なく減速ができる。試しに下りでスプリントしてみるも、12mmのスルーアクスルが足元を固め、ヨレたり、ラインがブレたりせず、狙ったライン上に留まることができる。

 そう、とても速いのだ。BB周りの剛性は、スプリントレベルで不足を感じるも、それはハイエンドモデルに任せればいいだろう。常用域のパワーでは必要十分だ。長いヒルクライムレース、例えば「富士ヒルクライム」などでも活躍するのではないだろうか。エンデュランスロードバイク=遅いはこのバイクには全く当てはまらない。エアロフォルムを用いており、快適に、速く、そして長く走り続けることができる。

 悩ましいのが使い分け。コンフォート性能も向上したインフィニートCV ディスクだが、速くて乗り心地がいいモデルは「オルトレ XR3 ディスク」などもある。ヘッドチューブが長く、アップポジションが取れるのはインフィニートCV ディスクなので、長距離向けならやはりこちらだろうか。

 ちなみに、このバイクは細かいデザインにも注目してほしい。ヘッドチューブから伸びるリブのラインが美しく、フォークからヘッドチューブへ続く造形も非常にスムースだ。所有欲をくすぐるイタリア車らしいフォルムもこのバイクが持つ魅力でもある。

■ビアンキ「インフィニートCV ディスク」
税抜価格:398,000円(フレームセット)
サイズ:47、50、53、55、57、59、61

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

カーボン カーボンバイク バイクインプレッション ビアンキ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載