title banner

『Cyclist』印の自転車Welcome café<2>【広島・尾道】東京で人気の自転車カフェがしまなみ海道に“支店”オープン 「cafe VIA shimanami」

  • 一覧

 全国のサイクリストウェルカムなお店を紹介する連載『Cyclist印の自転車Welcome café』。Vol.2は、今年3月にしまなみ海道の真ん中に位置する生口島(いくちじま)にオープンしたばかりの「cafe VIA shimanami」(カフェ ヴァイア しまなみ)をご紹介します。東京の荒川沿いを走るサイクリングロード、通称「荒川サイクリングロード」を走るサイクリストに人気の自転車カフェ「cafe VIA」の“しまなみ支店”です。

「cafe VIA shimanami」の外観。室内から見えるバイクラックを店頭と裏庭両方に完備

特産のレモンを使った「しまなみレモネード」

 瀬戸内のレモンの島として脚光を浴びる、尾道市にある生口島。この島の瀬戸田町に、情緒ある古い建物がレトロな雰囲気の「しおまち商店街」があります。その一角に位置する「カフェ ヴィア しまなみ」は、かつてお土産屋さんだった建物をリノベーションした店舗。店内が見える全面ガラス張りのシンプルな店構えで、早くも島を訪れたサイクリストが立ち寄るスポットとなっています。

バターチキンカレーなどの軽食も味わえる

 自慢のメニューは、生産日本一を誇る生口島の名物、レモンを使ったドリンクやスイーツ。中でも一押しのメニューは、島の南側にある「レモン谷」で収穫されたレモンをギュッと絞って飲む「しまなみレモネード」とのこと。他にも近隣の島で収穫された様々な柑橘類を使ったパフェなどのスイーツ、バターチキンカレーや手作りサンドなどの軽食も用意しています。

しまなみ店限定のサイクリングキャップ

 また、サイクリストのデザイナーがデザインしたという、しまなみ店限定のサイクリングキャップ、ジャージ、ビブショーツなども展示販売。ここでしか買えないレアアイテムも取り扱っています。

 「しまなみ支店」をオープンした理由について店長の前川慶一さんは、「初めてしまなみ海道をサイクリングした時に生口島をすごく気に入って、当初は別荘を探してネット検索していたところに、この物件を見つけました」とのこと。

スタッフの皆さん。カフェオリジナルのチームジャージを着て

 お店を経由して、または友達になって一緒に走ったりする事で、輪が広がってほしいとの思いから名付けたという店名の「VIA」。ここもたくさんの人が遊びにこれるようにとの思いを込めて、個人の別荘ではなく「VIAしまなみ支店」として営業することを決めたそうで、ゆくゆくは宿泊施設として展開する構想もあるそうです。

(画像提供:cafe VIA shimanami)

cafe VIA shimanami

所在地:広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田426-1
営業時間:土日祝 10:00~17:00
店舗URL:https://www.instagram.com/via_shimanami/
【MAP】

「自転車Welcome café」募集中!

連載『Cyclist印の自転車Welcome café』では全国の“サイクリストウェルカム”なカフェ(飲食店)を紹介しています。バイクラックを設置していたり、はらペコサイクリストのおなかを満たす名物メニューがあったり、さらにはオーナー自身がバリバリのサイクリストだったり…。サイクリストを歓迎する要素があり、かつ『Cyclist』で紹介してほしいという店舗は以下のフォーマットから詳細をご確認の上、店舗情報・PRコメントなどを入力してください。

関連記事

この記事のタグ

Cyclist印の自転車Welcome café

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載