新製品情報2019メリダのフルサスe-MTB「eONE. SIXTY 800」が2020年モデルとして本格発売決定

  • 一覧

 ミヤタサイクルは、MERIDA(メリダ)のロングストローク・フルサスペンションを搭載した本格MTBタイプのe-BIKE(電動アシストスポーツ自転車)、「eONE. SIXTY 800」を2020年モデルとして今年9月から新発売する。昨年、限定モデルとして発表した際の好評を受けて、国内での本格展開が決まった。全国のメリダ・グローバル・ディーラー(MGD)を通じて販売する。

本格国内発売が決まったメリダのフルサスe-MTB「eONE. SIXTY 800 」 © MERIDA

 「eONE. SIXTY 800」はシマノのe-BIKEコンポーネント「ステップス E8080」を搭載したe-MTB。約500Whのリチウムイオンバッテリーによって、満充電の状態で、エコモードで140km、ノーマル130km、ハイモードでは95kmの距離をアシストを受けながら走行できる。長い上りがあっても体力を気にすることなく、選べるコースの幅が広がるのがメリットだ。

 フレームは、メリダ本社に設けられたe-BIKE専用工場で製造。元XCO世界王者ホセ・ヘミルダがテストライダーとなり、走行性能を追求した。160mmロングストロークのフルサスペンション搭載で、上りの快適性だけでなく、下りでもe-MTBの常識を覆すアグレッシブな走りを実現している。

 タイヤは27.5+の2.8インチ幅を装備する。サイズはSとMの2種類。変速・ブレーキはシマノSLXを搭載する。

■MERIDA eONE.SIXTY 800
税抜価格:580,000円
サイズ:S(41cm)、 M(43cm)
発売時期:2019年9月予定

関連記事

この記事のタグ

e-BIKE メリダ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載