四国一周モニュメントもお披露目四国・台湾一周ダブル完走で「達成ジャージ」をプレゼント 第一号進呈が実施

  • 一覧
四国・台湾ダブル一周達成ジャージが進呈。(左から)ジャージを進呈された門田基志さん、中村時広・愛媛県知事、羅祥安(トニー・ロー)氏、一青妙さん © Ehime Prefecture

 四国一周サイクリングと台湾一周サイクリングの両方を完走した人に、「四国・台湾ダブル一周達成ジャージ」を進呈—。サイクルツーリズムを進める四国と台湾による新たな取り組みが3月21日、愛媛県今治市の多々羅しまなみ公園で開催された「四国一周サイクリング・ファンミーティング」で発表された。第一号として、両コース一周をすでに達成した愛媛県自転車新文化スーパーバイザーの門田基志さんと、四国一周サイクリングPR大使の一青妙さんへ、台湾から来日して今回の発表を行った自転車新文化基金會会長でGIANT(ジャイアント)グローバル前CEOでもある羅祥安(トニー・ロー)氏から、ジャージが手渡された。

 当日は、四国一周サイクリング完走者を対象とした、しまなみ海道の糸山公園から多々羅しまなみ公園まで約30kmを走る「完走者サイクリング」を実施。四国一周サイクリングの完走者・登録者と、同サイクリングの普及活動に貢献した企業や団体などの関係者が、ファンミーティング会場の多々羅しまなみ公園に集まった。公園にはサイクリストの聖地碑のそばに、四国一周サイクリングの絶景ポイントを示す「四国一周モニュメント」が完成。サイクリストにとって、多々羅しまなみ公園がますます目指す目標の場所となっている。

愛媛県知事やロー会長らと共に「完走者サイクリング」が行われた © Ehime Prefecture
四国一周モニュメントが登場 © Ehime Prefecture
四国の絶景ポイントをつなぐ石碑 © Ehime Prefecture

 愛媛県の中村時広知事は、今年7月から台湾と松山空港を結ぶ直行便が正式に就航することをアピール。「ぜひ両方のサイクリングコースを楽しんで」と呼びかけた。またロー会長も、「台湾一周の魅力は、景色が美しい、料理が美味しい!お酒が美味しい!ぜひ台湾に来てください」と熱く語った。

四国一周サイクリング完走者へ、しまなみ訪問の記念品(ヘッドスペーサー)を贈呈 © Ehime Prefecture
羅祥安(トニー・ロー)氏(左)からジャージを受け取る一青妙さん © Ehime Prefecture
和やかにファンミーティングが行われた © Ehime Prefecture

 愛媛県では現在、『CHALLENGE 1,000kmプロジェクト』を開催中だ。8000円のエントリー費で、チャレンジキットとして、四国一周チャレンジオリジナルのサイクルジャージとオリジナルスタンプラリーシートを進呈。エントリー後3年以内に四国一周を達成すると、完走証とバックル式完走メダルをプレゼントする。今年2月末現在、1263人が登録し、うち261人が完走を果たしたという。

関連記事

この記事のタグ

台湾 四国一周サイクリング 愛媛県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載