title banner

きょうの自転車イタリア語・TAPPA 5C'È UNA GELATERIA QUI VICINO? ―この近くにアイス屋さんはありますか?

  • 一覧

TAPPA 5

アイスをほおばるアレッサンドロ・ベルトリーニ(ジロ・デ・イタリア2010)アイスをほおばるアレッサンドロ・ベルトリーニ(ジロ・デ・イタリア2010)

 今回のテーマは、「お店や場所の尋ね方」です。第3回目で、イタリア人にとって質問は礼儀の一つという話をしました。わからない時や知らない時にも、周りにいる人をつかまえて質問します。自分で調べる前に人に聞いたほうが早いというメリットがあるからです。

 特に、知らない場所へ行った場合には、おいしいカフェやレストラン、アイスクリーム屋さんがどこにあるかを地元の人やホテルの受付でよく質問します。みなさんも、おいしいカフェの尋ね方を覚えて、おいしいサイクリングを楽しみましょう。


使い方

お店や場所の尋ね方
Scusi, c’è un bar qui vicino? すみません、この近くにカフェはありますか
Scusi, c’è un ristorante qui vicino? すみません、この近くにレストランはありますか
Scusi, c’è un supermercato qui vicino? すみません、この近くにスーパーはありますか
Scusi, c’è un negozio di biciclette qui vicino? すみません、この近くに自転車ショップはありますか
Scusi, c’è una pizzeria qui vicino? すみません、この近くにピザ屋はありますか
Scusi, c’è una gelateria qui vicino? すみません、この近くにアイスクリーム屋はありますか

文法ポイント

 知らない人に話しかける時は、やはり「scusi(スクーズィ)=すみません」が大事です。続く質問の順番は、以下のとおり。

(1) 「c’è」(チェ)=「~あります」
(2) 「un bar」=行きたい場所
(3) 最後は「qui vicino」(クィ・ヴィチーノ)=「この近くに」

 c’èとは「あります・います」という動詞です。もともと「ci(場所を意味する言葉)」と「essere」動詞3人称の組み合わせでできた表現です。ここでは、行きたい場所の前に置きます。

 場所の前には「un, una」の不定冠詞を使いましょう。主な場所の名前は、以下をご覧ください。「この近くに」は固定表現なので変化しません。

男性名詞 un
un bar カフェ
un hotel ホテル
un negozio di biciclette 自転車ショップ
un ristorante レストラン
un supermercato スーパー
女性名詞 una
una farmacia 薬局
una gelateria アイスクリーム屋
una paninoteca ファストフードショップ
una pizzeria ピザ屋


Scusi, c’è un hotel qui vicino? ―「すみません、この近くにホテルはありますか?」Scusi, c’è un hotel qui vicino? ―「すみません、この近くにホテルはありますか?」

つれづれイタリア~ノ!

「ジェラート!」
 
 イタリアを訪れた人なら、ジェラート(アイスクリーム)屋さんの多さに驚くことでしょう。老若男女を問わず、みんなジェラートを食べています。価格も日本の半分以下で、夏は、食後にアイスクリームを食べることが習慣になっているぐらいです。
 
 「ジェラート」ということばは、凍ったものを意味します。その歴史は古いですが、ルネッサンス時代に製造法が確立され、デ・メディチ家が好んで食べていました。フランスの王室に入ったカテリーナ・デ・メディチがパリに移り住んだ際に、ジェラート職人をフランスまで連れて行った話も有名です。
 
 自転車競技者に好まれるジェラートは、クリーム系ではなくフルーツやシャーベット系。私も糖分と脂肪分のバランスを考え、クリーム系ではないものをよく食べています。特にレースやトレーニングの後によく食べられていますね。
 
 500年以上の年月が経った今、ジェラートはエスプレッソと同じようにイタリア人の生活に欠かせないデザートです。どのジェラート屋でも30種類以上の味が楽しめますので、ぜひ全部試してみてください!

マルコ・ファヴァロMarco FAVARO(マルコ・ファヴァロ)
イタリア語講師。イタリア外務省のサポートの下、イタリアの言語や文化を世界に普及するダンテ・アリギエーリ協会で、自転車にまつわるイタリア語講座「In Bici」(インビーチ)を担当する。サイクルジャージブランド「カペルミュール」のモデルや、Jスポーツへ「ジロ・デ・イタリア」の情報提供なども行なう。東京都在住。ブログ「チクリスタ・イン・ジャッポーネ

この記事のタグ

きょうの自転車イタリア語

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載