新製品情報2019新型サーヴェロ「P5」が登場 油圧ディスクブレーキ、Di2専用設計で速さを追求

  • 一覧

 サーヴェロのタイムトライアル(TT)バイク「P5」が新型になって登場した。車体はよりシンプルな形状となり、エアロ性能、剛性、重量面を改善。ハンドルセッティングの自由度も向上し、乗り手にフィットするTTバイクとなった。

サーヴェロの新型「P5」 ©cervelo

 エアロダイナミクスの最先端を追求し、TTやトライアスロンシーンをけん引してきたサーヴェロ。トライアスロン向けTTバイクのフラッグシップモデルとしては「P5X」をラインナップするが、ロードレースに使えるUCI(国際自転車競技連合)公認のモデルとしてはP5が最上位となる。新しくなったP5もUCI認定を受けており、UCIワールドチームのチーム サンウェブも使用する。

“Simply. Better.”のコンセプトで最速のバイクづくりを目指した形状 ©cervelo
前作(左)と比べてよりスマートな形状となった ©cervelo

350gもの軽量化を達成

 前作は整流効果を高めるフィンが設けられるなど、ボリュームのある外観だったが、今作ではよりシンプルなものに。BB周りやリア三角はスマートな形状になり、フロントフォークとヘッドチューブ、ステムやハンドル周りは一体となった。ブレーキは油圧システム専用となり、コンポーネントは電動(Di2)専用となった。バッテリーマウントやジャンクションの内蔵など、Di2に最適化された構造を採用している。

ディスクブレーキ専用設計に ©cervelo

 特徴的な専用ステムとハンドルを採用しているが、ポジションの自由度は大幅に向上した。エクステンションバーは95mm、パッドは前後に45mm、左右に30mmずつの調整幅を持ち、幅広い体型にフィットする仕様となった。なお、エクステンションバーは形状が違う3種類がラインナップしているが、標準で付属するのは30°ベンドのもので、その他は別売りのオプションとなる。

 真骨頂であるエアロダイナミクスも、ドラッグ値で17gセーブ。ヘッドチューブが22%、BBは26%の剛性アップを実現した。フレームとフォークで前作から350g軽量化を果たしている。

 UCI公認のエアロボトルが付属し、ダウンチューブへと装着が可能。また、シートポストとパッドにボトルマウントを追加することができる。トップチューブには整流効果も考慮された大小のストレージを2つマウントすることが可能。補給食やアクセサリーを収納できるので、トライアスロンでの活躍も期待できる。

Di2ジャンクションはステムに内蔵 ©cervelo
エクステンションバーのベースは95mm調整が可能 ©cervelo
トップチューブにはストレージを搭載できる ©cervelo
フレームセットは税抜75万円 ©cervelo

 シマノ「R9180デュラエース」「R8070アルテグラ」で組まれた完成車と、フレームセットでの販売となり、デュラエース仕様が4月中旬に、その他は3月中旬にデリバリーが開始される予定だ。

■「P5 Disc Dura Ace Di2 R9180」
税抜価格:1,700,000円
サイズ;48、51、54、56
カラー:ブラック/グリーン/ホワイト

■「P5 Disc Ultegra Di2 R9180」
税抜価格:1,100,000円
サイズ;48、51、54、56
カラー:ブラック/グリーン/ホワイト

■「P5 Disc フレームセット」
税抜価格:750,000円
サイズ;48、51、54、56
カラー:ブラック/コーラル/ホワイト

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

50万円~ TTバイク サーヴェロ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載