title banner

スポーツバイクを始めるなら、専門店に行ってみよう

  • 一覧

 ロードバイク、マウンテンバイクなどのスポーツバイクを始めてみたい、そう思ったのであれば、まずはスポーツバイク専門店を訪れてみましょう。「自転車なら近所の自転車屋さんやホームセンターでも良いのでは?」「ネット通販だと安いロードバイクがいっぱいあるのでは?」と思うかもしれませんが、初心者におすすめしたいのは、やはりスポーツバイクを中心に扱う専門店(実店舗)です。ここではスポーツバイク専門店に行くメリットや、専門店で何ができるのかを解説します。

さまざまなスポーツバイクが並ぶ専門店 Photo: Shusaku MATSUO

【1】いろいろなスポーツバイクを実際に見られる

埼玉県川口市にあるタッケサイクルファクトリー Photo: Shusaku MATSUO

 専門店では、お店に並べられている自転車もスポーツバイクが中心なので、一般車(いわゆるママチャリ)に混ざってスポーツ車は数台飾ってあるのみ…というような一般車中心の自転車屋さんに比べ、より多くのバイクを実際に目で見て比較・検討できます。一口にスポーツバイクと言っても、使い方に応じたバイクの種類は色々ありますし、価格帯も幅広いです。専門店であれば商品知識もスポーツバイクに特化しているので、自分の目的にぴったりの一台を選びやすいです。

【2】周辺グッズもそろえられる

 スポーツバイクを楽しむ際には、自転車本体だけでなく、さまざまなグッズがあると便利で快適です。ウェアやヘルメット、ライト、工具など、このような周辺グッズも専門店であればそろえやすいです。

専門店では走りに必要なアクセサリーが揃う Photo: Shusaku MATSUO
安全に欠かせないヘルメットも実際に手に取って見れる Photo: Shusaku MATSUO

【3】専門的な知識と技術がある

 スポーツバイクを使うにあたって覚えておきたいのが「命を乗せて走るもの」であるという点です。一般車に比べて簡単にスピードを出して、ずっと遠くへと走れるスポーツバイクは、一般車に比べて繊細な部品の集合体となっています。組立てや調整には専門的な知識が必須です。また、使い続ける際には消耗品の交換や各部の調整など、定期的なメンテナンスも欠かせません。

経験豊富な専門店スタッフの整備で常にベストコンディションを Photo: Shusaku MATSUO

 スポーツバイクは部品の点数自体はそれほど多くないので、工具を揃えればユーザー自身がメンテナンスをすることも可能です。しかし一般論として、常に毎日何台も自転車を組み立てたり調整したりしている専門店と、自分の自転車をいじるだけのユーザーとでは、技術や知識・経験に明らかな差があります。同じ理由で、滅多にスポーツバイクを扱わない一般車中心の自転車店も、スポーツバイクの取扱いに慣れていない可能性が高いです。専門店でベストコンディションに保たれたバイクは、走りも軽快です。

【4】楽しみ方も相談できる

 スポーツバイク専門店では、店主やスタッフもスポーツバイク好きであることがほとんどです。乗り方や走る場所、走り方など、自転車本体以外の知識について相談できますし、ショップによっては初心者向けのグループライドを開催していることも少なくありません。スポーツバイクは購入した時点で終わりではありません。豊かなスポーツバイクライフを送るために、長くお付き合いできるショップを持っておきましょう。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載