バイクインプレッション2019最後まで“脚が残る”乗り心地と速さを両立 ルック「795ブレードRS」

  • 一覧

 ルックから最新のエアロロードバイク「795ブレードRS」が登場した。空力、振動吸収性、重量のバランスが取れた性能を持ち、整備性に優れた設計が特徴。今回はリムブレーキバージョンのインプレッションをお届けする。

ルックの最新エアロロードバイク「795ブレードRS ©Masami SATOU

純正コンポの使用を想定

 エアロロードバイクのラインナップではセカンドグレードにあたる795ブレードRS。上位モデルの「795ライトRS」がルックの独自規格と専用パーツを多用し、エアロ効果を高めているのに対し、795ブレードRSでは汎用の規格が多く取り入れられた。ステムこそ専用となるものの、ボトムブラケットはBB386となり、シートポストはボルト一本緩めるだけで容易に上下することが可能だ。フロントフォークのコラムが楕円になっているのは、ケーブルがその横を通るためで一見特殊な構造に見えるが、コラムスペーサーで容易にステム上下の調整ができる。

リアブレーキキャリパーはシートチューブから生える台座に固定 ©Masami SATOU

 特徴的なのがリアのブレーキキャリパー固定台座だ。シートステーではなく、シートチューブから延長した台座に固定されており、フレームのたわみでブレーキシューがリムに接触することを防いでいる。なお、ディスクブレーキ仕様の場合は台座は設けられていない。純正コンポーネントでの組み立てが想定され、調整の自由度が高いデザイン設計が魅力を引き立てている。

 フレームには12~46tのカーボン繊維が適材適所にブレンドされ、コンフォート性能に優れた乗り心地を実現。振動吸収性は従来のモデルより23%高められた。しかし、フロントフォークの剛性はブランド史上最も高い剛性となり、走りに磨きをかけている。

ワイヤーケーブルが脇を通る楕円形のコラムを採用 ©Masami SATOU
ジャンクションはダウンチューブへと内蔵される ©Masami SATOU

フォークが走りをまとめる軸に

 795ライトRSも同じく弾性率の低いカーボン繊維が用いられているのが特徴だったが、ハイエンドスペックに相応の芯ある走り応えが特徴だった。一方で、所有するにはある程度の知識と実力を求められるのも事実。795ブレードRSはガラリと性格が違うバイクに仕上がっていた。懐が広く、多くのサイクリストにマッチするだろう。

後半まで脚が残る、軽快で粘りのある走りが特徴 ©Masami SATOU

 特に振動吸収性の高さが目立つ。凹凸が激しい道では、795ライトRSはタイヤが跳ねるため、力のかけ具合を体で調整する必要があるが、795ブレードRSの場合は振動をフレームがいなしてくれるので、乗り手がケアすることなくペダルを踏むことに集中できる。精神的にも身体的にも負担が少ない。エアロロードバイクの中でも特に795ブレードRSは乗り心地に優れていると感じた。

 硬いか柔らかいかで言えば圧倒的に柔らかい。しかし、力が逃げる感覚がないのが不思議。上りでもエアロロードバイクらしからぬ軽やかな推進力をみせ、踏み出しからスッと気持ちよく進む。やや下り基調の道でスプリントした際はリアがウィップする感触があったが、強靭なフロントフォークが軸となるため走りが散らからない。リズムは独特なので身体の振り方はバイクに慣れる必要があるが。

 ここまで乗り心地に優れていると長距離のライドでも確実に“脚が残る”はず。もっと速く、進んでいる感覚を演出するバイクはあるかもしれないが、実際のリザルト上の速さと結びつくかは別問題。795ブレードRSは玄人好みなスペックを備えつつ、ホビーサイクリストが求めるツボがよく抑えられている。ノーマル形状のハンドルを装着できるので、クリップオンのDHバーを取り付けたいトライアスリートにもおススメだ。

■ルック「795ブレードRS」
税抜価格:410,000円
サイズ:XS、S、M、L、XL
カラー:プロチームホワイトグロッシー、プロチームブラックグロッシー、メタリックブルーグロッシー、レッドグロッシー
フレーム+フォーク重量(リムブレーキ仕様):1250g(Sサイズ フレーム950g+フォーク300g)

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

30~50万円 カーボン カーボンバイク バイクインプレッション フレームセット ルック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載