駅直結の体験型サイクリングリゾート1周年を迎える「プレイアトレ土浦」にレストラン&マーケットゾーンが4月から順次オープン

  • 一覧

 昨年3月にJR土浦駅にオープンした日本最大級の体験型サイクリングリゾート「PLAYatre TSUCHIURA」(プレイアトレつちうら)が「第2、3弾のコンバージョン(変換)」として、4月末以降新たに大規模なレストランゾーンとマーケットゾーンを順次オープンする。全館自転車の持ち込みが可能というコンセプトはそのままに、サイクリングホテルも含めた2020年春以降の全館グランドオープンに向けて順調に準備が進んでいる。

プレイアトレ土浦3Fのエントランスイメージ ©PLAYatre TSUCHIURA

 サイクリングコースの「つくば霞ヶ浦りんりんロード」の拠点となるプレイアトレ土浦。第1弾として昨年3月、シャワーやコインロッカー、レンタサイクル、サイクルショップ、サイクルカフェなど、サイクリングを楽しむためのベースキャンプの機能をもってオープンした。

3Fの店内イメージ ©PLAYatre TSUCHIURA

 今回はその第2弾としてエリア最大級となる新業態のレストランゾーン「STATION LOBBY」を4月26日(金)にオープン。人気レストラン・カフェを展開する「バルニバービ」が2フロア約400坪を使い、カフェやレストラン、中華スタンドなどを展開する。続く第3弾では、5月31日(金)には地元茨城の人気フードショップとブックストアを組み合わせたマーケットゾーン「BOOK &TABLE」をオープンする予定。

 また、プレイアト土浦内にあるバイクショップ「ル・サイク」や「タリーズコーヒー」などでは1周年を記念して、各ショップのプレイアトレ土浦のオリジナルグッズなどが入ったお得な詰め合わせセットを3月29日(金)から数量限定で発売する。その他にもサイクルトレイン「B.B.BASE」を組み合わせたサイクリングイベントなど、様々なイベントを開催予定。詳細はプレイアトレ土浦のウェブサイト(イベントページ)へ。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

茨城県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載