新製品情報2019ミノウラのディスプレイスタンド「DS-2200」が発売 縦置き・横置き両対応タイプの新型

  • 一覧

 ミノウラからスポーツ自転車用ディスプレイスタンド「DS-2200」が発売された。縦置き、横置き両対応タイプの新型で、従来製品と価格は同等ながら構造を改良し、さらに使いやすくなった。日本製でフカヤが専売で取り扱う。

ミノウラの新型ディスプレイスタンド「DS-2200」が発売。縦置き・横置き両対応だ © MINOURA

 DS-2200はビギナーや小柄な人にも使いやすい、1台用のディスプレイスタンドだ。水平保管時にはタイヤ受けに前輪または後輪を差し込んで自立が可能。垂直保管時は後輪をタイヤ受けに乗せ、持ち上げた前輪を上部フックに引っかけることで簡単にバイクを立てられる。

支柱は左右どちらでも取付けできるようになった © MINOURA
省スペースでバイクを自立させられる © MINOURA
ヘルメットなど小物をまとめられるフックが付いた © MINOURA

 従来品(DS-2100)に比べ、タイヤ受けの構造を見直し振り子形状にすることで、余計な力を使わず初心者でも簡単に収納できるようになった。また、オプション無しで20インチから29インチまでの自転車に対応。フック支柱は左右どちらにも取り付け可能となり、設置の自由度が高まった。また支柱先端にはヘルメットなど小物をまとめられるフックが付き、より便利になった。

■DS-2200
税抜価格:13,800円
製品重量:4.5kg
設置寸法:550 x 奥行700(mm)
タイヤ受け幅:70mm以下
タイヤサイズ:20〜29インチ
生産国:日本

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ミノウラ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載