[世界的なサイクリングコース「ツール・ド・ひょうご」開催? 兵庫県知事が意欲、県内縦断コースなど提案

  • 一覧

 兵庫県の井戸敏三知事は2月22日の県議会本会議で、県内を自転車でめぐるイベントの開催について、「課題もあるが挑戦したい」と意欲を示した。石井秀武議員(ひょうご県民連合)が質問の中で他県の事例を挙げ、「『ツール・ド・ひょうご』として開催してはどうか」と提案したことを受けて答弁した。

 井戸知事は答弁で、県内を縦断する日本標準時子午線を豊岡市まで北上するコース案や、但馬や播磨など旧五国をめぐるアイデアを披露。交通対策などの課題があるとした上で「明石海峡大橋を組み込めば世界的なサイクリングコースになる」と強調した。

 県内ではこれまで、淡路島を一周する「淡路島ロングライド150」や、丹波市と篠山市をめぐる「ツール・ド・丹波」などの自転車イベントが開催されている。また、自転車で各地を観光する「サイクリングツーリズム」人気の高まりを受け、県は来年度中に「ひょうごサイクリングモデルルート」を設定するほか、道路改修や案内標識の整備を進める方針。

産経ニュースより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載