バイクインプレッション2019日本限定カラーのリムブレーキモデル チネリ「ヴェルトリクス」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 イタリアのバイクブランド「cinelli」(チネリ)の最新カーボンバイク「ヴェルトリクス」をインプレッション。リーズナブルな価格とニュートラルな運動性能が魅力の1台で、今回は日本限定カラーのリムブレーキモデルを試した。

チネリ「ヴェリトリクス」 Photo: Masami SATOU

妥協のないコストパフォーマンス

 「サエッタ」の後続モデルとして登場したヴェルトリクスだ。ディスクブレーキ専用に設計されたモデルであるが、リムブレーキモデルも追加された。カーボン素材を使用しながら、リーズナブルさが特徴のフレームであり、その価格はフレームセットで12万5000円。コストダウンはカーボン素材を適材適所に配し、繊維を使い分けることで実現した。

トレードマークの犬がトップチューブに施される Photo: Masami SATOU
振動吸収性を高める扁平シートステー Photo: Masami SATOU

 求めやすい価格となったフレームだが、スペックには妥協が無い。オーソドックスな形状を採用しつつ、ヘッドチューブの下ワンは1-1/2サイズを取り入れたり、シートステーを扁平形状にすることで振動吸収性を高めるなど、ツボを押さえた設計が施されている。フレーム重量はMサイズで1200g、フロントフォークでは460gとなっている。

ダウンチューブからチェーンステーまで流れるラインが特徴 Photo: Masami SATOU

 デザインでも高い評価を受けるチネリとあって、ヴェリトリクスにも存分に“チネリらしさ”が散りばめられる。日本限定カラーはベースをホワイトとし、ダウンチューブにブランドロゴを掲げたシンプルなスタイル。フロントフォークとダウンチューブ、シートステーにロゴのカラー3色が施されているのが特徴だ。色の発色も良く、ワンランク上のグレードに見える高級感を醸し出している。

 肝心の走りだが、突出した性能こそ感じないまでも、不満点は全くない。用意したバイクがカーボンホイールということを差し引いても、加速に鈍さはない。やや低めの重心がバイクの振りやすさをサポートしてくれる印象を受けた。コーナリングは乗り手が思った通りの挙動を示してくれるので、突然ハンドリングが破綻したり、怖いと思うこともない。いい意味で想像以上の性能ではないし、それ以下でもない。ピュアな運動性のが際立った。

肩の力を抜いて走りを楽しめるエントリーカーボンロード Photo: Masami SATOU

 コストパフォーマンスは高く、弱点は見つからないので多くのサイクリストにおすすめできる1台だ。これ以上のスペックを求めるのであれば、さらに価格が高い上位モデルを選ぶしかないだろう。フレームからバラ組みしても20万円ほどでもアッセンブルによっては組めるので、1台目からパーツのカラーやサイズにこだわりたい人にとっても良い選択肢だ。
 

■チネリ「ヴェリトリクス」
税抜価格:125,000円(フレームセット)
カラー:イタロ79 ホワイト ※日本限定カラーでリムモデルのみ
サイズ、XS(50)、S(52)、M(54)、L(56,5)、XL(58,5)

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

10~15万円 カーボン カーボンバイク チネリ バイクインプレッション フレームセット

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載