全生徒485人が受講春休みを前に中学生が自転車ルールをおさらい 岡山・金光学園で交通安全教室

  • 一覧
岡山県の私立金光学園で、中学校全生徒を対象にした自転車交通安全教室が開かれた Photo: Bicycle Safety Committee

 新年度と春休みを前に自転車の安全意識を再確認—。岡山県の私立金光学園で2月19日、同校の中学生全生徒485人を対象に自転車の交通安全教室が開かれた。「自転車の安全利用促進委員会」と「自転車協会」が共同で実施。安全運転のポイントを具体的に解説したほか、自転車の整備や安全性も重要であることが説明された。

 交通安全教室では、自転車の安全利用促進委員会メンバーで自転車ジャーナリストの遠藤まさ子氏が、事故の被害者だけでなく、加害者にならないためのポイントなどを講演した。遠藤氏は金光学園の通学路の危険地点をスライドで確認しながら、注意すべきポイントを解説。また遠藤氏は、「皆さんの自転車は安全に走行できる状態になっていますか? メンテナンスも重要ですが、購入するときも、BAAマークが付いた安全な自転車を選ぶことがポイントです」と生徒らに呼びかけた。

自転車ジャーナリストの遠藤まさ子氏が、実際の自転車も使いながら安全のポイントを解説 Photo: Bicycle Safety Committee
自転車協会が制定するBAAマークは、安全・安心な自転車の目印 © Bicycle Association (Japan)

 自転車協会が制定するBAAマークは、約90項目の自転車安全基準に適合した製品に貼られ、安全・安心な自転車の目印となっている。遠藤氏は「自転車は、中高生にとっては非常に便利で身近な乗り物ですが、ルールを守らなかったり整備を怠ると、事故の加害者になる場合もあります」とコメントし、実物の自転車でチェックポイントを確認しながら、メンテナンスの方法などについても解説した。

 金光学園では、部活動内で交通安全のミーティングを生徒同士で実施するなど、交通安全の意識を高めているという。交通安全教室を受けた生徒からは、「(自転車通学について)ここまで深く学んだことはなかった。ここから実践につなげることが大事だと思った」といった声が聞かれ、各生徒が交通安全への意識を高めていた。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド 自転車協会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載