会社負担で賠償保険に加入あさひが日本交通管理技術協会の「全国自転車安全利用モデル企業」に認定 

  • 一覧
あさひがこのたび「全国自転車安全利用モデル企業」の認定を受けた ©asahi

 自転車量販店「サイクルベースあさひ」を展開するあさひが2月1日、自転車を安全に利用するための取り組みが評価され「全国自転車安全利用モデル企業」に認定された。

 「全国自転車安全利用モデル企業」は、日本交通管理技術協会が自転車の安全利用に取り組む企業を評価し、優れた取り組みを行っている企業をモデルケースとして認定するもの。同協会が実施するアンケートに答えた企業や、独自に活動状況を調査した企業、自薦・他薦のあった企業が選考の対象となり、認定委員会の審議を経て決定する流れだ。選ばれた企業には認定書と楯が贈られ、他の模範となることが期待される。

 あさひは従業員とその家族に対し、会社負担で個人賠償責任保険の加入を進めている点や、自転車通勤の規定を設けるなどの取り組みが評価された。

 「全国自転車安全利用モデル企業」には、あさひを含め計14社が認定を受けている。

関連記事

この記事のタグ

サイクルベースあさひ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載