女子CL1は地元・今井美穂が優勝前田公平が織田聖と「弱ペダ」ワンツーで優勝、逆転で年間王者に JCX最終戦・前橋CX第2戦

by 小森信道 / Nobumichi KOMORI
  • 一覧

 今季のジャパンシクロクロス(JCX)シリーズの最終戦となる第12戦「前橋シクロクロス第2戦」が群馬県前橋市の岩神緑地 前橋市オフロードサイクルコースで開催され、男子C1では前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)、女子CL1では今井美穂(CO2bicycle)がそれぞれ優勝。ともに全12戦で争われたシリーズランキングでも頂点に立った。

C1表彰式。左から2位の織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)、優勝の前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)、3位の小坂光(宇都宮ブリッツェン シクロクロスチーム) Photo: Nobumichi KOMORI

前日に降雪もドライコンディション

 前日に関東地方の広い範囲で雪が降った中で迎えたこの日のレース。しかし、会場となった前橋市オフロードサイクルコースは雪が降った形跡もないほどの完全ドライなコンディション。オールフラットなコースレイアウトも相まって、ハイスピードバトルになることが予想された。

C1とCL1の前にはキンダーガーデンのレースも行われた Photo: Nobumichi KOMORI
快晴に恵まれた前橋市オフロードサイクルコースは完全ドライコンディション Photo: Nobumichi KOMORI 

レース前は小坂光がシリーズ首位

 男子C1はレース前の状況で、シリーズランキングの首位に小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロスチーム)が立っているものの、2位の前だとのポイント差はわずか80ポイント。加えて、前田はここまでJCXを6戦しか走っておらず、成績上位7大会および全日本選手権のポイントを加算して集計されるシリーズランキングの仕組みを考慮すると、この日の獲得ポイントがまるまる加算される前田がかなり有利な状況と言える。

C1は前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)がホールショットを決める Photo: Nobumichi KOMORI

前田、織田を斎藤ら3位パック追走

小坂光(宇都宮ブリッツェン シクロクロスチーム)、斎藤朋寛(RIDELIFE GIANT)、江越海玖也(弱虫ペダルサイクリングチーム)の3番手パックが先行する2選手を追う Photo: Nobumichi KOMORI

 レースはその前田と、チームメートの織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)がスタートダッシュを決めて先行する展開でスタート。一方、シリーズランキング首位を死守したい小坂はホームストレートから階段に入るところで斎藤朋寛(RIDELIFE GIANT)にかわされ4番手に順位を下げてしまう。

 その後、レースは前田と織田の先頭パックと、小坂、斎藤、江越海玖也(弱虫ペダルサイクリングチーム)の3番手パックという展開になったが、周回を重ねていく中で3番手パックが崩壊。小坂が単独3番手になって先行する2選手を追走することになった。

チームメート同士で協調する先頭パックが後続とのタイム差を広げていく Photo: Nobumichi KOMORI

 しかし、チームメート同士で協調が取れた先頭パックはペースを上げながら着実に周回を重ねていき、3番手の小坂とのタイム差をじわじわと広げていく。レースも折り返しをすぎる頃になるとその差は1分以上にまで開くことになり、この時点でレースの大勢が決まることになった。

シーズン最終戦で勝利を収めた前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)が逆転でシリーズチャンピオンも手中に収めた Photo: Nobumichi KOMORI

 完全なふたり旅となった先頭パックは、前田がペダルが外れずに2回落車するトラブルなどもあったが盤石のリードを守り切り、最後はチームメート同士のゴールスプリントを前田が制して先着。見事に今レースでの優勝と、逆転でのシリーズ優勝を飾った。

JCXシリーズ表彰式(男子)。左から2位の小坂光(宇都宮ブリッツェン シクロクロスチーム)、優勝の前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)、3位の織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム) Photo: Nobumichi KOMORI

CL1は今井が松本を振り切る

松本璃奈(TEAM SCOTT)と今井美穂(CO2Bicycle)が先頭パックを形成する展開が続く Photo: Nobumichi KOMORI

 女子CL1は、スタート直後から今井と松本璃奈(TEAM SCOTT)の2人が先頭パックを形成してレースをリードする展開に。一時は松本が今井からリードを奪って単独で先行する場面もあったが、ミスもあって決定的な差をつけることはできずにパックのままで終盤戦へ。最後はタイミングを見計らってペースアップした今井が松本を振り切って地元開催の最終戦で見事に優勝。ほぼ決まっていたシリーズ優勝に華を添えた。

終盤に入っても2人の争いが続く Photo: Nobumichi KOMORI
地元開催レースで今井美穂(CO2Bicycle)が見事に優勝を飾った Photo: Nobumichi KOMORI
CL1表彰式。左から2位の松本璃奈(TEAM SCOTT)、優勝の今井美穂(CO2Bicycle)、3位の西山みゆき(Toyo Frame Field Model) Photo: Nobumichi KOMORI

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

シクロクロス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載