年間優勝賞金100万円のツール・ド・ふくしま第1戦公道を舞台にした「ツール・ド・かつらお」が4月13、14日に福島・葛尾村で開催

  • 一覧
2日間に渡り開催される「ツール・ド・かつらお」 ©ツール・ド・ふくしま(福島民報社/LinkTOHOKU)

 福島県葛尾村を舞台にしたレース「ツール・ド・かつらお(2019 2days)」が4月13、14日に開催される。福島県内の公道を舞台に年間7カ所で開催される「ツール・ド・ふくしま」の第1戦にも数えられ、年間総合優勝を果たしたチームには賞金100万円が与えられる。

 13日の午後から開催されるレースは2種目。アップダウンの少ない11kmのコースを3周するロードレースと、1周するタイムトライアル(TT)レースだ。ロードレースは2つのグループに分けて競われ、34歳以下、35~49歳、50歳以上、エキスパートの4カテゴリーで表彰。タイムトライアルはここに女子カテゴリーが加わる。なお、TTのエキスパートのみTTバイクの使用が許可されている。

 14日はスケールアップし、全長28kmのコースで開催。中級者向けの1周レース、上級者向けの2周レースのほか、あづま屋高台までのハーフコース15kmの種目も用意。年齢別のほか女子カテゴリーも設置され、タイム遅れによる足切りを設けないのでレースビギナーでも参加のハードルは低い。

 各日、カテゴリーごとに表彰されるほか、2日間の累積ポイントで争われるかつらおステージ総合優勝者の表彰も用意されている。両日のロードレースでは各周回ごとにツール・ド・ふくしまで適用されるスプリントポイントや山岳ポイントが設けられており、ポイントトップの選手には各賞ジャージが贈呈。ツール・ド・ふくしまのレースはカテゴリーによって難易度によってランク付けされており、付与されるポイントが変わってくる仕組みとなっている。年間総合や賞金のかかったチーム総合も狙えるのもシリーズ戦の醍醐味だ。

 ツール・ド・かつらおのエントリーは4月3日まで。

1日目(4月13日)概要

◇タイムトライアル◇
参加費:3,000円
募集カテゴリー:34歳以下、35~49歳、50歳以上、エキスパート、女子 ※エキスパートのみTTバイクの使用可

◇ロードレース◇
参加費:5,000円
距離:33km(11km×3周)
募集カテゴリー:34歳以下、35~49歳、50歳以上、エキスパート

◇タイムスケジュール◇
13:00-13:15 開会式
13:15-15:30 11km3周レース
15:45-16:30 個人タイムトライアル
17:00- 表彰式

2日目(4月14日)概要

◇ハーフコース◇
参加費:4,000円
距離:15km(28kmコースをショートカット)
募集カテゴリー:29歳以下、34歳以下、35~49歳、50~59歳、60歳以上、女子

◇1周レース
参加費:5,000円
距離:28km

◇2周レース
参加費:6,000円
距離:56km

◇タイムスケジュール◇
08:00-08:20 開会式
08:30-09:20 1周レーススタート/1分後ハーフコーススタート
09:30-11:30 2周レーススタート
12:30- 表彰式

関連記事

この記事のタグ

大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載