注目製品をピックアップ新製品が続々登場の「FUKAYAサイクルフェア2019」 エディ・メルクスのハイエンドも参考出品

by 浅野真則 / Masanori ASANO
  • 一覧

 自転車や自転車関連製品の製造、輸入、卸を手がけるフカヤが1月30日、同社の取り扱いブランドの製品を一堂に集めた展示会「FUKAYAサイクルフェア2019」を名古屋市で開催した。同社が長年扱っているブランドの新製品に加え、新たに取り扱いを始めるブランドのブースも登場。その中から注目の製品をピックアップして紹介する。(リポート・浅野真則)

「ブロックハウス67」は、フレーム単体1190gの軽量なアルミフレームを採用。手の届きやすい価格も魅力だ Photo: Masanori ASANO

エディ・メルクスはAG2Rのメインバイクが中心

名古屋市で開催された「FUKAYAサイクルフェア2019」 Photo: Masanori ASANO

 フカヤはエディ・メルクスの日本代理店を長年務めており、今年もニューモデルを中心に多くの車種が展示されていた。展示ブース正面の“一等地”には、UCIワールドツアーの有力チームAG2Rラモンディアルのメインバイクにしてエディ・メルクスの2019モデルのハイエンド「EM525」が参考出品された。展示されていたのはディスクブレーキ仕様だったが、国内で展開されるのはリムブレーキ仕様のみ。発売は今夏の予定だ。

 2019年はスチールフレームを採用したロードバイクのニューモデル「ストラーダ」も新登場する。細身のフレームに古いタイプのエディ・メルクスロゴをあしらったクラシカルなルックスながら、テーパードヘッドとカーボンフォークを採用した走りも楽しめる1台だ。こちらも今夏発売予定。

 もうひとつの2019ニューモデルは、アルミフレームのロードバイク「ブロックハウス67」。フレーム単体で1190gという軽さを誇りながら、フレームセット価格12万5000円という手の届きやすい価格を実現。自転車に潤沢に予算をかけられない学生ライダーや、トレーニングからレースまでラフに使えるセカンドバイクとしても需要がありそうだ。

オリジナルブランドのe-BIKEも新登場

 スイスの景勝地の名前を冠したダボスは、クラシカルなツーリングバイクを中心にラインナップするフカヤのオリジナルブランド。同ブランドの注目モデルは、シマノの電動アシストユニット・ステップスを搭載したクロモリフレームのe-BIKE「E-600」だ。

 ダウンチューブにバッテリー、BB付近に電動アシストユニットを搭載。一度の充電でエコモードで約140km、アシスト最大のハイモードでも約95km走行可能だ。ブレーキは油圧式ディスクブレーキを採用し、雨天時や下り坂でも軽いレバーの引きで安定した制動力を発揮する。

 トップチューブにはボトルケージなどを取り付けるための台座、フォークやシートステーにもサイドバッグやキャリアを取り付けるための台座も設けられており、ツーリングバイクとしての発展性も高い。

ディスクブレーキ仕様のクロモリフレームのe-BIKE「ダボスE-600」。市販されるのはフラットハンドル仕様のみだが、ドロップハンドル仕様も参考出品されていた Photo: Masanori ASANO
トップチューブにボトルケージやストレージを取り付けるためのボルトが5箇所設けられている。本格的なツーリングバイクに仕立てることも可能だ Photo: Masanori ASANO
ブレーキはシマノ製のフラットマウントタイプの油圧式ディスクブレーキ。コンディションを問わず安定した制動力を得られる Photo: Masanori ASANO
シマノ製のe-BIKE用電動アシストユニット・ステップスを搭載。長時間にわたってパワフルなアシストを実現する Photo: Masanori ASANO

 フカヤのもうひとつのオリジナルブランド、ギザロでは、クロモリフレームの「ギザロ306」に注目だ。フレーム単体価格で6万3000円というお値打ちプライスで、最小のXSサイズは身長150センチ台の小柄なサイクリストにも対応する。

「ギザロ306」完成車 Photo: Masanori ASANO
「ギザロ306」フレームセット Photo: Masanori ASANO

日本の住宅事情を考えたミノウラの新型トレーナー

 メイドインジャパンのサイクルトレーナーでおなじみのミノウラからは、日本の住宅事情を考慮し、静粛性を追求したスマートトレーナーと3本ローラーの新製品がお目見えした。

 スマートトレーナーは「神楽DD LSD9200」。静粛性に優れたダイレクトドライブ方式を採用し、脚部に免震ゴムを採用することで、圧倒的な静粛性を実現。±1%の誤差でのパワー計測も可能で、ズイフトなどのバーチャルサイクリングと連携することでパワーメーターを持っていなくてもインドアでパワートレーニングが可能だ。担当の田中啓一さんは「10kgのフライホイールを搭載し、走り出しから加速、巡航、空走時まで自然な走行感を実現しました」という。

ミノウラが満を持して発表した国産スマートトレーナー「神楽DD LSD9200」。ペダリング中も圧倒的な静粛性で振動も少なく、フリーボディのラチェット音も静かだ Photo: Masanori ASANO
スマートトレーナー「神楽DD LSD9200」。エンド幅は130mmと135mmのクイックレリーズと142mmと148mmのスルーアクスルに対応する Photo: Masanori ASANO

 3本ローラーも静粛性を追求した最新モデル「アブソーブロールR820A」を展示していた。英語で「吸収する」という意味をもつ「アブソーブ」をモデル名に冠するように、免震ゴムをローラー部と台座の接合部と脚部に設置することで、振動を吸収し、共振を減らす工夫がなされている。さらにローラー部も黒く塗装してあえて微小な凹凸加工を施すことで、タイヤを滑りにくくし、スキール音を発生しにくくしているという。

ミノウラの3本ローラーの最新モデル「アブソーブロールR820A」。「日本の集合住宅でも使える3本ローラーを」というユーザーの声を受けて開発された Photo: Masanori ASANO
「アブソーブロールR820A」の脚部のアップ。ローラーの取り付け部分と脚部に免震ゴムを配置し、振動を軽減。ローラーの黒い塗装は、タイヤの空転を防いで騒音を低減する工夫だ Photo: Masanori ASANO

スパカズからはウェアが参考出品

 和柄の麻の葉模様を思わせる幾何学模様をモチーフにし、ネオンカラーを中心に豊富なカラーバリエーションのバーテープをラインナップするアメリカンブランドのスパカズ。フカヤでは今シーズンから同ブランドの取り扱いを始める。
 
 同ブランドからは新登場の「スパGグローブ」が展示されていた。ショート(指切り)とロング(フルフィンガー)の2種類あり、MとLの2サイズ展開。カラーはいずれも10色展開で、バーテープでもおなじみのネオンカラーのほか、見る角度によって色目が変わる油膜を思わせるオイルスリックなど、他のブランドにはない豊富で個性的なカラーバリエーションが魅力だ。いずれも今春発売予定。

フルフィンガータイプの「スパGロンググローブ」。写真のカラーはオイルスリックで、見る角度によって色目が変わる。手の甲の模様だけでなく、手のひらの滑り止めも麻の葉模様を思わせるグラフィックになっている Photo: Masanori ASANO
参考出品されていたスパカズのサイクルジャージ。「この展示会で日本のマーケットの反応を見て、好評だったら日本でも発売したい」とスパカズ担当者 Photo: Masanori ASANO

 スパカズブースではサイクルウェアも参考出品されていた。本社の担当者によると、今のところ日本での発売は未定とのことだが、「お客様の反応次第では日本での販売も考えたい」とのことだった。

ヘルメットはシールド対応モデル充実のカブトとキャットライクに注目

カブトのシールド対応のニューモデル「ヴィット」。シールド付きで1万3000円という値ごろ感が魅力 Photo: Masanori ASANO

 国内外のさまざまなブランドを取り扱うフカヤでは、同じジャンルの製品でも複数のブランドが取り扱われている。ヘルメットもそのひとつで、カブトやキャットライクなどが新製品を展示。各ブランドの個性が光っていた。

 日本ブランドのカブトは「エアロR1」で好評だったシールド(風防)対応モデルを拡大。通気性をさらに高めたエアロヘルメット「エアロV1」や、お手ごろ価格を実現した「ヴィット」を出品した。担当者は「シールドは空力性能を追求するシリアスライダーだけでなく、メガネを愛用するサイクリストやアイウェアのノーズパッドでメイクが崩れることを気にする女性サイクリストにも好評をいただいています。ラインナップの充実で、より多くの方にシールド対応モデルを選んでいただきやすくなりました」と話す。

「エアロR1」の通気性を向上させた兄弟モデル「エアロV1」。「エアロR1」のユーザーが暑い時期に使うことを想定して開発され、シールドは別売となる Photo: Masanori ASANO
カブトブースではアイウェアのニューモデル「121」も展示。上部のフレームを廃した一眼レンズタイプで、視野の広さが特徴。調光レンズもラインナップされる Photo: Masanori ASANO

 一方、スペインブランドのキャットライクは、同じエアロタイプのヘルメットでもシェルを交換することで空力重視にも通気性重視にもセッティング可能な「クラウド352」が注目を集めていた。

キャットライクのエアロヘルメット「クラウド352」は、頭頂部のパーツを交換することで空力重視にも通気性重視にもセッティングできる Photo: Masanori ASANO

バイクツーリング向けのバッグもバリエーション豊富に

 バイクツーリングやグラベルロード人気の高まりなどを受け、ツーリング向けのバッグが充実しているのも印象的だった。中でも勢いを感じたのは、カラフルなバイシクルバッグをバリエーション豊富に展開するチェコのエースパックと、悪路でも背中で安定しやすいハイドレーションバッグに定評のあるスウェーデンのユースウィーだった。

エースパックのバイシクルバッグは、ハンドルまわりだけでもこれだけ拡張性がある。止水ジッパーを使っていたり、反射塗料で描かれたロゴがリフレクター代わりになったりと、細部までこだわった作りが魅力 Photo: Masanori ASANO
ユースウィーのハイドレーションバッグの特徴は悪路でも背中で踊らないこと。肩紐とチェストストラップを1箇所にまとめる「ノーダンシングモンキー」というハーネス技術によるものだ Photo: Masanori ASANO

定番ブランドも新製品や新色充実

 このほか、イタリアの老舗サイクリングブランド・シディではワイドモデルもラインナップするハイミドルモデル「エルゴ5」を始め、ニューモデルや新色を展示。ロードチューブレスの先駆けとしておなじみのIRCからは、グラベルロード向けのチューブレスレディタイヤ「ボーケン」が出品された。

 今回紹介しきれなかったブランド・製品にも魅力的な製品があった。気になる方はフカヤのウェブサイトやフェイスブックなどをチェックしてみては。

シディのニューモデル「エルゴ5」は、日本人に多い甲高・幅広の足にフィットしやすいワイドサイズのメガモデルも展開 Photo: Masanori ASANO
高強度のケーシングと700×36C/40Cという太めのサイズでグラベルロードに最適なIRCのチューブレスレディタイヤのニューモデル「ボーケン」 Photo: Masanori ASANO

関連記事

この記事のタグ

エディ・メルクス スパカズ ダボス フカヤ ミノウラ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載