大会・イベント情報2019レース初心者も大歓迎「里山スプリントヒルクライム大会」 兵庫・川西市で3月17日開催

  • 一覧
少人数でのショートコースヒルクライムを、勝ち上がりトーナメント形式で行う Photo: Coraggio Kawanishi Cycling Team

 兵庫県川西市の国崎クリーンセンターで3月17日(日)、ヒルクライムレースのイベント「サイクルフェスタin国崎クリーンセンター 第2回里山スプリントヒルクライム大会」が開催される。小学生低学年からの細かいクラス分けで、初レースクラスも設けられる。ビギナーから健脚自慢の上級者まで、幅広く楽しめる大会だ。

 大会は距離800m、平均斜度約8%の上りショートコースを使い、予選から決勝までの勝ち上がりトーナメント形式で優勝を争う。開催場所の国崎クリーンセンターは、兵庫県・大阪府の1市3町(川西市、猪名川町、能勢町、豊能町)のゴミ焼却場。コースはセンター入口から山の上にある焼却場前までを一気に駆け上がる。第1回大会の優勝タイムは2分を切っており、まさにスプリントヒルクライムだ。

 1レースの時間は短いが、その分各レースの強度は高く、またトーナメント形式で複数回のレースを走るため、上位進出するほど過酷になる大会だ。前回大会では、多いクラスで優勝決定まで4レースを走ったという。また参加者が少ない一発決勝の一部クラスを除き、予選レースで敗退しても敗者復活戦があるため、上位選手以外も2回以上のレースを走ることができる。

 女子クラスと中学生以下のクラスは、参加料を1000円に設定。サイクルスポーツをこれから楽しみたいサイクリストにも参加しやすい、アットホームな大会になっている。当日は初心者向けのライディングスクールも実施する予定だ。

ゴミ焼却場への行き止まりコースを使用 Photo: Coraggio Kawanishi Cycling Team
アットホームな会場には各種ブースも設置 Photo: Coraggio Kawanishi Cycling Team

 会場ではアスリチューン(サイクリングやレース時の補給用ゼリー飲料)、ノースウェーブ(シューズの試し履き)、ワコーズ(ケミカルメンテナンス)といった自転車関連のブースのほか、山口納豆(納豆、大豆を用いたお菓子の販売)、すみれ工房(カレーライス、うどん、地元の野菜の販売)といった物産コーナーも設ける。

 地元・川西市のサイクルレースチーム「コラッジョ川西」が主催する。チーム代表の栂尾大知さんは「自転車を身近なスポーツとして気軽に参加していただきたい。この大会の先には、妙見山へ登るヒルクライム大会を開催したい」と意気込みを語る。将来的には兵庫県全体を舞台にするロードレース「ツール・ド・兵庫」を実現するのが目標だという。

サイクルフェスタin国崎クリーンセンター 第2回里山スプリントヒルクライム大会

開催日:2019年3月17日(日)
開催場所:国崎クリーンセンター
競技内容:予選⇒準決勝⇒決勝で争う勝ち抜き型トーナメント方式(参加人数に応じて1組何人勝ち上がるか、何回戦行うかは決定する)
クラス分け:
 ・キッズの部(小学生低学年の部・小学生高学年の部)
 ・中学生クラス(中学生の男子)
 ・女子の部(中学生以上)
 ・初レースクラス(中学生以上でレースに初めて出場する競技者)
 ・エリートクラス(中学生以上で競技登録者及び競技実力者)
 ・ビキナークラス(中学生以上で競技登録者及び競技実力者以外でレース出場経験のある競技者)
自転車:ロードレーサーに限る(初レースクラス、キッズの部、女子の部は車体制限なし。ただし人力のみ)
参加料:エリートクラス・ビギナークラス4,000円、その他は1,000円
駐車場:あり(80台)

関連記事

この記事のタグ

コラッジョ川西 ヒルクライム 兵庫県 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載