新製品情報2019OGKの新型チャイルドシート「グランディア」が予約受付開始 “抱きしめて守る”がコンセプト

  • 一覧

 自転車用品・部品を展開するOGK技研(オージーケー技研)は、チャイルドシート「GRANDIA」(グランディア)の先行予約受付を開始した。自転車で起こりうる日常の危険から子供を保護する製品で、3色で展開する。製品は2月いっぱいまで先行予約を受付中で、3月初旬に発売予定。

子どもの安全を考えたチャイルドシート「グランディア」 ©OGK技研

日常の危険から子供を守る

 グランディアは、育ち盛りの子どもを守りたいという思いのもと、OGK技研で立ち上がった「ケガZEROプロジェクト」の一環として作られた製品。自転車事故の際、子どもを「抱きしめて守る」をコンセプトに開発された自転車用のチャイルドシートだ。

 製品は車体のぐらつき、ふらつき、走行中に起こりうるリスクに対し、子供を守るための設計がなされている。転倒した時に一番ダメージを受ける頭周りには、後頭部から側頭部周辺まで、約270°の領域をカバーするトリプルヘッドガードを搭載。内側に厚めのクッションを備えることで、転倒時の衝撃を緩和する。目の届きにくい足回りにはフットガードを配し、車輪の巻き込みと接触から子どもの足を保護する。

 また、シートベルトは保護者の作業負担を軽減するため、背面レバーを操作するだけのワンタッチ式を採用している。レバーを引くだけで、シートベルトが巻き取られ、体にぴったりとフィット。急ブレーキをかけても落車する心配がない。

 そのほか便利な機能として、狭いスペースに対応するための折り畳み機構を採用。チャイルドシートの背もたれ部分を前に倒すことで、高さ制限がある立体駐輪場に対応した。

■グランディア
税抜価格:20,000円
適応体重:体重20kg以下(25インチ/後ろキャリヤ使用時)、体重22kg以下(27インチ/後ろキャリヤ使用時)
適応年齢と身長:1歳(12カ月)以上6歳(72カ月)未満のお子様で、身長115cm以下
※乗車は2歳以上を推奨
適応車種/22~27インチの後ろキャリヤを装着したシティ車(婦人車・軽快車)
※但し、特殊形状のフレームやキャリヤには 取付け不可
製品重量:約4.5kg
カラー:マットブラック、グランネイビー、グランオレンジ

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ママチャリ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載