今年からキッズスクールを開設吹雪の中の優勝争いはトリビオに軍配 キナンAACAカップ2019開幕戦

  • 一覧

 東海地区のロードレースシリーズ、「KINAN AACA CUP」(キナンAACAカップ)の2019年シリーズが開幕した。第1戦が1月26日、国営木曽三川公園長良川サービスセンター特設コースにて開催され、吹雪の中でのレースとなった最上位カテゴリー1-1クラスは、小集団での先頭争いからホセビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)が優勝。今シーズン最初の勝者となった。

1-1カテゴリーはホセビセンテ・トリビオが優勝 Photo: Cyclejam

雪が降る悪コンディション

 キナンAACAカップは東海地区のロードレースのレベル向上を目的に行われ、シリーズ戦としてすっかり定着。近隣地域だけでなく全国各地から参加希望者が集まるとともに、実力やスキルによって細かくカテゴリー分けがされており、実際に走る選手の判断のもと、出場するレベルを選ぶことができるメリットも大きい。

コーナーを攻める荒井佑太 Photo: KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU

 そして迎えた今年の開幕戦。ホストを務めるキナンサイクリングチームからは、スピードマンの雨乞竜己と荒井佑太がエントリーした。この冬はシクロクロスに主眼を置いた雨乞と、キナン初レースの荒井。ホストチームとしてはもとより、実力や実績的にも今節の注目選手に掲げられる存在となった。

 この冬最も強いと言われた寒波は、長良川沿いのコースも例外ではなく、朝から雪が降る悪コンディション。それでも、シーズンインの場として選んだ選手たちが多数スタートラインへとならんだ。

吹雪で距離を短縮

 最上位カテゴリーの1-1クラスは、5.1kmのコースを20周回する102kmに設定。スタートからしばらくはアタックが散発したが、やがて狩野智也(マトリックスパワータグ)を含む2選手がリードを開始した。レース中盤に入ってもそのまま先行を続けたが、スピードの上がったメイン集団が12周目で逃げを吸収した。

長良川沿いを走る Photo: KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU
キナン勢とマトリックス勢がレースをコントロール Photo: KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU

 タイミングを同じくして雪と風が強さを増し、吹雪の中でのレースに。この状況下で7選手が集団から抜け出し、徐々にリードを広げていく。

 終盤に向けて先頭グループとメイン集団との駆け引きが見ものとなるところだが、悪天候による選手の体調や安全面を考慮し、レースは予定から5周回減らして15周回へ短縮する判断が下された。

レース後半に7選手が飛び出す Photo: KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU

 先頭グループを形成した7選手がそのまま優勝争いへと移ることに。勝負はスプリントとなり、地力に勝るトリビオがトップでフィニッシュラインを通過した。

 キナンAACAカップでは今年から、キッズスクールを新設した。中西健児アカデミーコーチが講師を務め、小学生を対象に集団走行などのレースに応用できるテクニックに加え、日頃の安全な自転車走行につながる基本の走り方をレクチャーする。実技では雨乞や荒井も加わるなど、プロ選手と一緒に走ることができる点もスクールの魅力となった。

キッズスクール参加者が揃って記念撮影 Photo: KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU
アスリチューンの模型を手にする雨乞竜己(写真左)と荒井佑太 Photo: KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU

 なお、次節・第2戦は2月10日に愛知県新城市・新城総合公園内の特設コースで開催される。すでにエントリーを受付中だ。

キナンAACAカップ2019第1戦 1-1カテゴリー(5.1km×15Lap)結果
1 ホセビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
2 水野貴行(Fiets)
3 寺田吉騎(Team narson)
4 高木英行(PRT KOSEKI)
5 津田悠義(EQADS)

関連記事

この記事のタグ

AACAカップ キナンサイクリングチーム ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載