新製品情報2019レイザー「バレット2.0アジアンフィット」 2タイプのスライド式ベンチレーションを装備

  • 一覧

 ベルギーのヘルメットブランドLAZER(レイザー)から、新型エアロヘルメット「Bullet2.0 AF」(バレット2.0 アジアンフィット)が登場した。額中央に大型のベンチレーションを備え、マグネット式のバイザーや、LEDライトが標準で装備されている。日本人の頭に最適なアジアンフィット設計なのも特徴だ。

レイザーのエアロヘルメット「バレット2.0アジアンフィット」 Photo: Shusaku MATSUO

走行中でも空気の取り入れ量を調整

 バレット2.0 アジアンフィットは空気抵抗の削減と、ライダーの快適性を両立したエアロヘルメットとして登場。昨年、ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNL・ユンボ)がツール・ド・フランスで区間2勝の活躍をした際に使用していたモデルだ。

額中央に備えたアジャスタブルベンチレーション Photo: Shusaku MATSUO
風の流れを作るセミロングテール構造 Photo: Shusaku MATSUO
スライドはハニカムタイプのインテークと、穴無しのタイプが付属 Photo: Shusaku MATSUO

 エアスライドと名付けられたベンチレーションはスライド式になっており、取り込む空気の量の調整が可能。ハニカム型に複数エアインテークを備えたもの、また、穴を塞いでエアロ効果を狙った計2タイプのスライドが付属するので、走りや好みで選択できる。ハニカム型を装着した場合、スライドを閉じるとヘルメット内部のフィンが閉じ、スライドを開くとフィンも同時に開くギミックが取り入れられている。

スライドすることで下部からエアを取り入れることが可能 Photo: Shusaku MATSUO
2018年のツール・ド・フランスで区間2勝したディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNL・ユンボ) Photo: Yuzuru SUNADA

 スライドの交換はコツを掴めば簡単にできる。アイウェアのレンズを交換するのと同じ感覚だ。スライドは「少し暑いからちょっとだけ開きたい」という際の微調整もでき、走りながらでも簡単に動かすことが可能だ。

レンズはマグネットで固定 Photo: Shusaku MATSUO
ダイヤルにはLEDライトが標準装備 ©SHIMANO

マグネット式レンズで視界良好

 外観はエアロ効果を狙ったスリムなもので、高速巡航を予感させるもの。後頭部へ伸びた帽体が、風の流れを整えて後ろに流すデザインとなっている。一方で、内部は横幅を大きく確保したアジアンフィットとなっている。ノーマルのモデルと比べ、縦幅が-2.8%、横幅が+3.4%広くなっている。頭の“ハチ”が張った日本人でも、ジャストサイズで選択できる設計だ。

日本人の頭にフィットするアジアンフィット Photo: Shusaku MATSUO
付属のレンズは歪みが限りなく少なく、さまざまなシチュエーションで利用できる透過率 Photo: Shusaku MATSUO

 付属するレンズはマグネット式レンズだ。ヘルメット本体に磁石の力で固定するバイザータイプとなっており、耳や鼻にかけるアイウェアと違ってライダーの負荷のほか、空気抵抗軽減が期待できる。レンズを外す場合は、ヘルメット後頭部に備えたマグネットに固定して収納が可能となっている。

 後頭部のアジャスターに小型のLEDライトが標準で装備されているのもポイント。夜間の走行時、バイクに取り付けたライトと組み合わせることで、後方の車へのアピールに役立つだろう。

カラーはレッド、ホワイト、マットブラックの全3種 Photo: Shusaku MATSUO

レイザー「バレット2.0AF(アジアンフィット)」
税抜価格:27,000円(マットブラック、レッド、ホワイト)
サイズ:M(55-59cm)、L(58-61cm)
カラー:ホワイト、レッド、マットブラック
仕様:マグネット式レンズ、LEDリアライト、2タイプのスライドが標準装備
発売時期:2019年2月15日

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ヘルメット レイザー 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載