試乗コースを拡大し、展示内容を充実“自転車のまちづくり”を提案「バイシクルシティエキスポ」 5月23、24日に開催

  • 一覧

 “自転車を利活用したまちづくりの推進”をテーマとする「BICYCLE CITY EXPO 2019 ~自転車まちづくり博~ in 東京ドームシティ・プリズムホール」(バイシクルシティエキスポ2019)が、5月23、24日に東京都文京区の東京ドームシティプリズムホールで開催される。例年官公庁を始め、自転車に関連する会社など多くの団体が出展するイベントだ。

昨年の様子。平日にもかかわらず、多くの人が会場に訪れた ©BICYCLE CITY EXPO2019

 バイシクルシティエキスポは日本初の自転車まちづくり展として3年目を迎える。自転車本体やパーツ、用品の最新モデルも展示するが、特徴的なのは魅力的な自転車ワールドを推進していくための提案が満載である点。最新鋭の駐輪機・駐輪システム、安全で機能的な自転車走行空間の整備拡充、最新シェアサイクルの提案、最先端情報システムなどが一堂に会する。

 2019年度は新たに自転車の試乗コースを拡大するほか、展示内容も拡充。昨年よりもボリュームアップした催しとなる。また、例年通り、研究者・ジャーナリストらによるパネルディスカッションなども実施される。

■バイシクルシティエキスポ2019開催概要

開催日時:2019年5月23日(木)10:00~18:00、24日(金) 10:00~17:00
主催:BICYCLE CITY EXPO 2019 実行委員会(運営事務局:株式会社ライジング出版)
会場:東京ドームシティ・プリズムホール(東京都文京区後楽1丁目3-61)
 https://www.tokyo-dome.co.jp/prism/
入場料:無料

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載