バイクインプレッション2019ライバルを凌駕する巡航性能 キャノンデール初のエアロロード「システムシックス Hi-MOD」

  • 一覧

 キャノンデール初のエアロロードバイク「システムシックス」はこれまで同ブランドが推し進めてきたトレンドを一変し、エアロ効果を最大限求めるスペックで昨年の夏に登場した自信作だ。前回はCyclist編集部の石川が試乗したが、今回はインプレライダーの松尾が試したインプレッションをお届けする。

キャノンデール初のエアロロードバイク「システムシックス」 Photo: Masami SATOU

大胆なフォルムで空気抵抗を軽減

 空気抵抗を削減したエアロロードバイクのトレンドに各社が移行するなか、キャノンデールは表立った“エアロ化”を頑なに見送り、軽量・高剛性な「スーパーシックス」をハイエンドモデルとしてきた。しかし今季、これまでの方針を大きく変え、大胆なエアロフォルムを纏ったシステムシックスを世に送り出した。ディスクブレーキ専用設計となったシステムシックスは、設計の自由度を生かした形状を随所に取り入れている。

オフセットして前面投影面積を狭めたヘッドチューブ Photo: Masami SATOU

従来型のキャリパーブレーキの取り付けが不要になったフロントフォークは、前面投影面積が絞り込まれたヘッドチューブと一体となるようなデザインで、受けた風はダウンチューブへと流れる形状となった。ステム一体型のハンドル「KNOT(ノット)システムバー」もエアロなコンセプトは徹底され、極薄&幅広と個性的なもの。±8°のピッチ調整も可能となっている。Di2仕様ではワイヤー類は当然全て内装されている。

 スリムなシートチューブからはシートステーが横に張り出し、捻じれ剛性を確保した。前後にはリムハイト64mmの「ノット64ホイール」が装着。リム幅32mmの超ワイド設計が、横風の受けた際に空気抵抗を軽減させるという。

緩斜面でもダイレクトに進む

 システムシックスを見た第一印象は「本当に緩い上りもイケるの?」だった。“勾配6%以下であればスーパーシックスよりも速い”というメーカー発表があったが、非常にボリュームがあるフレームに加え、64mmというリムハイトが足かせになるのではないかとも思った。が、その心配は杞憂に終わった。

圧倒的な巡行性能を発揮した Photo: Masami SATOU

 ゼロ発進では軽さは感じない。しかし、10km/hを超えると次第に脚が回り始める。30km/hから40km/hへはあっという間で、それ以上先の領域で身構える空気の壁は明らかに他のバイクと比べて感じない。巡航能力の高さにとにかく驚かされた。無理に頭を下げたエアロフォームを取っているわけではないので、確実にバイク側の抵抗が少ないのだろう。スプリントを試みても最高速を維持できる時間が長いので、ライバルから一踏み、二踏み先を走れるはずだ。

 気になる上りだが、確かに緩斜面でも良く進む。踏んだ力がダイレクトにタイヤに伝わるイメージだ。どちらかというとシッティングで回したほうが脚を使わなくていい。斜面が10%近くなるとどうしてもホイールの重量が気になってくるが、それまで平地で貯めていたパワーをうまく発揮できれば乗り切れるか。

ピッチ調整も可能なエアロハンドルバー「KNOTシステムバー」 Photo: Masami SATOU
スリムなシートチューブから張り出すシートステー Photo: Masami SATOU

 5~6気圧が推奨されているタイヤの空気圧だが、これは高い空気圧を入れるとハイスピードでのコーナリング時にタイヤが滑る特性があるからというもの。今回は体重70kgで6気圧の設定で臨んだが、40km/hからの平地のコーナリングでは滑る感覚はなかった。峠や荒れたワインディングロードではシビアに出るようなので、次回はその特性を掴んでみたい。

 総じて、各社のエアロロードバイクを試したが、個人的には一番良い印象を受けた。クセというか、アクの強さでいうとトップかもしれない。そこがキャノンデールらしく、乗りこなした時の満足度も高い1台であった。

キャノンデール「システムシックス Hi-MOD Dura-ace Di2」
税抜価格:1,050,000円
カラー:ブラック
サイズ:47、51、54、56
重量:7.6kg(56サイズ)
メインコンポーネント:シマノR9100系デュラエースDi2 ※クランクはPower2Max「NG Eco」

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

キャノンデール バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載